プロジェクトを開始する

新しいプロジェクトを開始する場合は、次の質問についてもう一度考えてみましょう。

プロジェクトを開始するにはどうしたらよいか

ここに、「Drednots」という新しいプロジェクトがあります。この作業はクライアントから与えられたものです。以前は、VFX 詳細情報内のすべてのアセット、ショット、およびビッドをトラッキングしていましたが、現在は、このデータを Shotgun に取り込んで、主要関係者と共同でワークフローを調整できるようにする必要があります。

Dreadnots プロジェクトはシーケンスベースの作業であるため、Film VFX Template をベースに設定してみましょう。プロジェクトを作成したら、プロジェクトの詳細を見てみましょう。トラッキングしているすべての重要な項目が、プロジェクト ナビゲーションに表示されます。プロジェクトのサムネイルを追加して、いくつかの主要な情報を入力します。

[アセット](Assets)ページでアセットを作成します。そして、drednot という車両と Flats という環境を作成します。タスク テンプレート用オプションの配置に注意してください。タスク テンプレートについては次に説明するので、ここでは値をクリアします。[Option]/[Alt]キーを押しながらアセットを作成し、フォームの値を保持することで、処理時間を短縮することができます。

この 2 つのアセットが作成されたので、[タスク](Tasks)ページでタスクを作成しましょう。1 回限りのタスクを作成し、それらをアセットにリンクします。ここでも、[Option]/[Alt]キーを押しながら操作して、フォームの値を保持します。

 

ワークフローの構成はどうしたらよいか

パイプラインと、ライフサイクルの各ステージでの作業の流れについて考えてみましょう。アセットの場合、タスクを実行する 4 つの異なる部門(アート、モデル、リグ、テクスチャ)があります。

まず、プロジェクトのワークフローを更新しましょう。ワークフローを更新すると、パイプライン内のタスクの進行順序も反映されるため、実行順序を変更することができます。

[タスク](Task)ページで、アーティストとレビュー担当者にタスク、入力ビッド、期間に関する情報を割り当てることができます。これらのタスクはこの順序で実行する必要があるため、タスク依存関係チェーンを作成しましょう。

ここで、チェーン内の最初のタスクの開始日を入力すると、他のタスクがこのタスクの後ろにカスケード接続されます。また、スケジュール内で 1 つのタスクを移動すると、他の下流工程のタスクも移動します。

通常、タスクはアセットごとに同じであるため、タスク テンプレートを作成し、複数のアセットに適用することで、冗長度を下げることができます。したがって、ワークフローは自動化されます。

[タスクテンプレートを管理](Manage Task Templates)に移動すれば、後でいつでもタスク テンプレートのデータを編集できますが、現在はこの方法で問題ありません。

現在、[アセット](Asset)ページの[フィールド](Fields)ドロップダウンを通して[タスク テンプレート](Task Template)フィールドが公開されています。フラットなアセットには「Drednot Film VFX Asset」テンプレートが追加されています。これで必要なタスクが作成されました。

 

データ/情報を取り込むにはどうしたらよいか

Shotgun インポータを使用して、残りのデータを Shotgun に取り込んでみましょう。まず、[アセットを追加](Add Asset)ドロップダウンを選択し、次に[アセットを読み込む](Import Assets)を選択します。ウィンドウに Excel の詳細情報を直接ドラッグ アンド ドロップするか、シートからコピーして貼り付けることができます。

列を対応させます。ショットはまだ Shotgun 内に存在しないため、ショットの読み込みを無効にします。次に[アセット名](Asset Name)を指定して、既存のアセット名が、詳細情報内のその他の情報(説明など)に基づいて更新されるようにします。次に、サムネイルを追加して、視覚的に人目を引くようにします。

注意: サムネイル イメージのサイズによっては、読み込みに少し時間がかかることがあります。

アセットが読み込まれたので、先ほど作成した標準タスク テンプレートを、読み込んだアセットに適用します。このアセットでは、[タスク テンプレート](Task Template)が空白になっています。

同様な読み込みを実行しましょう。ただし、今回は、この詳細情報内のシーケンスに対して実行します。

次に、Shotgun 内の既存のアセットおよびシーケンスにリンクされているショットを読み込んで、すべてを結合してみましょう。

これで、構築のための優れた基盤が作成されたので、スプレッドシートの手動操作は「不要」になり、自動化されたワークフローを「導入」できるようになりました。

次へ >>

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
フォローする