ガント チャートとタスク

Task ページには、タスク リスト ビューとガントの 2 つの部分があります。

タスク リスト ビュー

タスク リスト ビューは他のリスト ビュー ページと似ています。 ただし、タスクには Milestone、Gantt Bar Color、Inventory Date などのエンティティ固有のフィールドがあります。

Inventory Date フィールドには、上流工程の依存関係に基づいてタスクを開始できる日付が表示されます。 タスクが固定されている場合、Inventory Date には、固定しない場合に Shotgun が開始日として使用する日付が示されます。

ガント チャート

ガントの最小化または最小化の解除を行うには、タスク ビューの右側にある 2 本の垂直線をダブルクリックします。

ガント チャート

ガントでできること

  • タスク バーの端にあるハンドルをクリックしてドラッグし、タスクの期間を変更する。
  • バー自体を選択し、タスクの開始日と終了日を変更する。
  • 複数のタスクを選択し、グループ バーを移動してグループに変更を加える。

ガントで行われる変更はすべて動的であり、タスク ビューに反映されます。

ガントを移動する

表示する期間を調整するには、ガントの右上にあるズーム スライダ スクロール を使用します。 ガントの中心を今日の日付にする便利な Today ボタンがあります。

ガントで表示できる項目

Gantt Display ドロップダウン ボタンから、ガントの詳細を表示できます。

  • 予約と休暇: これらの日付は、Crew Planning アプリケーションに入力した予約情報から取得されます。 灰色のバーは、プロジェクトでメンバーが予約されていないときを表しています。 休暇は灰色で表示され、上部に赤いバーが表示されます。これは競合を特定するために役立ちます。 この情報は、あるメンバーがいつタスクに対応できるかを確認するために役立ちます。
  • フェーズとマイルストーン: これらの垂直線は、Project Timeline アプリケーションからの情報に基づいています。 プロジェクトのフェーズとマイルストーンを Project Timeline に追加すると、開始日と終了日がガント チャートに表示され、プロジェクトの主要フェーズを確認できるようになります。
  • プロジェクトの日付フィールド(旧機能): これらの日付は、プロジェクトの日付フィールドから取得されます。 これは、ガントでプロジェクトの開始日と終了日を表示するための旧機能です。 この情報を追跡するための新しい方法は、Project Timeline アプリケーションでフェーズとマイルストーンを作成することです。
  • グループ バー: リスト ビューでタスクをどのようにグループ化しているかを表しています。 タスクのグループをまとめて移動するのに役立ちます。

ガントの高度なメニュー

高度なメニューでは、グループ バーの色を変更することや、ガント バーの左右に表示されるタスク フィールドを追加することができます。

注: ガントのバーを右クリックし、Bar Color... を選択することで、任意のタスク バーの色を変更することもできます。

タスクの依存関係を作成する

Task ページから、2 つ以上のタスクを互いに依存させることができます。

互いに依存させるタスクを複数選択し、右クリックして Dependencies > Link Selected を選択します。 タスクのソート方法に応じて、一番上のタスクから一番下のタスクまで依存関係チェーンが作成されます。

タスクをリンクする

上級者向けのヒント: タスク テンプレートで依存関係を設定して、各タスクをスケジュールするときに接続が「プリロードされる」ようにすることもできます。 これを行うには、タスク テンプレートでタスクをソートしてページ上に正しい順序で表示し、すべてを選択して右クリックし、Dependencies > Link Selected を選択します。 タスクに既定の「期間」がある場合は、すべてのショットまたはアセットで最初のタスクの「開始」を追加するだけで、スケジュールが自動的に作成されます。

すべてのタスクが、終了日から開始日にリンクされます。 上流工程の依存タスクをシフトすると、下流工程のすべての依存タスクが移動します。

依存チェーンの途中にあるタスクを移動すると、タスクがその特定の日付に固定され、上流工程および下流工程にある全タスクのシフトがそのタスクに影響しなくなります。

タスクの日付が自動的に更新されないように、タスクを固定することもできます。 これにより、タスク間の接続は維持されますが、そのタスクの自動操作は無効になります。 タスクを右クリックし、Dependencies > Pin Selected Tasks を選択することで、タスクを固定できます。

タスクを固定する

タスクの開始日を上流工程の依存タスクの終了日よりも前に移動すると、「依存関係違反」 依存関係違反 となり、タスク リスト ビューでフラグが立てられます。 違反をクリックすると、次の 3 つのオプションが表示されます。

  1. Unpin this Task (タスクの固定を解除する)
  2. Push the Start date <日数> days (開始日を <日数> 日ずらす): 上流工程の依存タスクとの再調整を行う
  3. View dependent Tasks in a new window (新しいウィンドウで依存タスクを表示する) 注: スケジュールに問題がなければ、いつでも違反を無視することができます。

依存関係違反のオプション

タスク ページで、フィールド メニューから対応するフィールドを表示することで、上流工程および下流工程の依存タスクを表示することもできます。

依存関係メニュー

ユーザ詳細ページの Tasks タブなど、制限付きビューからタスクを表示している場合、タスクを右クリックして Dependencies > Show Dependent Tasks を選択することで、依存タスクを表示できます。

オフセット

場合によっては、上流工程にあるタスクの終了日の直後にタスクを開始しないことがあります。 [Option]キーまたは[Alt]キーを押しながらタスク バーを移動することで、正または負のオフセットを追加できます。 ツールチップにオフセットの期間(正または負の日数)が示されます。

上級者向けのヒント: タスクの依存関係をページに表示される順序とは異なる順序で設定するには、[Option]+ クリック & ドラッグを使用します。

分割タスクを作成する

分割タスクを使用すると、ガントのタスク バーを小さなセグメントに分割して、タスクを実行する際のギャップを示すことができます。 複数の分割がサポートされ、期間フィールドは分割セグメントの合計を正確に表します。

タスク バーで、タスクを分割する場所を右クリックし、Split Task on <日付> を選択します。 選択した場所でタスクが 2 つに分割されます。

分割後は、各セグメントを他のセグメントとは独立して移動したり、ガントの他のタスク バーと同じように、バーのセグメントをドラッグして開始日、終了日、期間を調整することができます。 1 回クリックすると、タスク バーの周りに黄色のボックスが作成され、タスクのバー全体を操作することができます。 バーをダブルクリックすると、タスク バーの周りに青色のボックスが作成され、個々の分割部分を操作することができます。

ガントのタスクを右クリックし、Clear all Splits on Task を選択すると、タスクからすべての分割を削除できます。 また、セグメントを他のセグメントにドラッグして、タスクのその部分を「元に戻す」こともできます。 これにより、2 つのセグメントの間にある分割のみが取り除かれます。

開発者向け: API を介してタスクの分割にアクセスするには

タスクの分割は、そのタスクの splits フィールドに保存されます。 このフィールドは UI では表示されませんが、API を介して読み書きできます

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。