フィールドについて

Shotgun は、フィールドを使用して、ショットやアセットなどのエンティティの情報を保存します。 各エンティティには、多数の組み込みのフィールド タイプがあり、独自のフィールドを作成してカスタム情報を格納することができます。 ID、プロジェクト、ステータス、サムネイルなどのいくつかのフィールドは Shotgun のほとんどのエンティティに共通です。 他のフィールドは、エンティティに固有の機能用にカスタマイズされています。たとえば、Cut In と Cut Out のフィールドは、ショットの編集情報を格納するために使用されます。

ページ上でフィールドを表示する

Shotgun には、リスト、詳細、およびサムネイルの 3 つの異なるページの表示方法があります。

リスト ページ

リスト ページにフィールドを列として追加するには、Insert Column Add field button ボタン(列ヘッダの右側)をクリックし、リストからフィールドを選択します。

フィールドを選択

また、任意の列ヘッダを右クリックして、Insert Column を選択しても同じことができます。 または、Fields ボタンをクリックして、Manage Fields を選択できます。

詳細ページ

詳細ページで他のフィールドを挿入するには、上部のセクションで Configure fields をクリックします。

詳細ページのフィールド

サムネイル ページ

サムネイル ページのツールバーで、Fields Fields Button ボタンをクリックすると、各サムネイルに他のフィールドを追加できます。

上級者向けのヒント: 変更を維持するために、フィールドの追加後は忘れずにページを保存してください。

フィールドを作成する

任意のリスト ページで、新規フィールドを作成できます(既存のフィールドのカスタマイズもできます)。 たとえば、ショットのリスト ページで Fields ボタンをクリックして、Manage Shot Fields を選択します。こうすることで、Shotgun サイトのショット エンティティ上に存在するすべてのフィールドのリストが表示されます。

フィールドは、特定のプロジェクト内で非表示になっている場合があることに注意してください。このリストをスキャンして、必要なフィールドが既に存在していて、実際は非表示になっているだけであるかどうかを確認することをお勧めします。 目的のフィールドが非表示になっていた場合は、Hidden field button をクリックして、現在のプロジェクト内でフィールドが表示されるようにします。

必要なフィールドが存在しない場合は、Manage Shot Fields ウィンドウの下部にある Add a new field を選択して、新規フィールドを作成します。

基本フィールド

一部の基本的なフィールド タイプは、あまりカスタマイズは必要ありません。 また、オプションとして、既定の概要タイプを設定したり、Sort By オプションを使用して、このフィールドのソートが、別のフィールドで指定された順序に従うようにできます。

注: これらのフィールド タイプの一部のフォーマット オプション(通貨や日付など)は、サイトの基本設定で構成できます。

プロジェクトのフィールドを非表示にする

プロジェクトでどのフィールドを非表示にし、どのフィールドを表示するかの選択は、Manage Fields メニューからそれぞれの表示状態を切り替えるか、プロジェクトの Tracking Settings に移動すると行えます。

フィールドを削除する

Manage Fields... を介してフィールドをごみ箱に送信することができます。

Manage フィールド Trash フィールド

フィールドを完全に削除して、これらのフィールド名を再使用できるようにするには、Trash ページでフィールドを削除する必要があります。

リンクされたフィールド

Shotgun では、情報を取得するために、1 つのエンティティの複数のフィールドをリンクすることができます。 ただし、マルチエンティティのフィールドはリンクできません。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。