権限

Shotgun は、システムのさまざまな機能を誰が表示したり使用したりできるかを制御するための高度な権限を提供します。権限は「権限ロール」ごとに制御されます。1 人に割り当てられるロールは 1 つです。

Shotgun に含まれる既定のロールは次のとおりです。

Admin Admin(管理者)は Shotgun のすべての操作を完全に制御できます(唯一の例外として、テンプレート プロジェクトの削除などシステムで必要な要素の変更はできません)。
Artist Artist(アーティスト)には明示的に割り当てられたプロジェクトのみが表示されます。アーティストは次の項目を更新または編集できます。
  • ノート(その作成者である場合)。
  • 割り当てられたタスクのステータス フィールド。ただし、他のタスク フィールドは編集できません。
  • バージョン、タイム ログ、チケット(これらのエンティティの作成者である場合)。
Manager Manager(マネージャ)は管理者とほとんど同じ機能を共有しますが、既定では特定のエンティティが制限されています。マネージャの既定のグループに条件付き権限は表示されません。
Vendor Vendor(ベンダー)には明示的に割り当てられたプロジェクトのみが表示されます。また、ベンダーに表示されるのは次の項目のみです。
  • ベンダー(または所属するグループ)が割り当てられたタスク。
  • ショットとアセット(ベンダー(または所属するグループ)がそのショットまたはアセットのタスクに割り当てられている場合)。
  • ノート(ベンダー(または所属するグループ)が To または CC フィールド内にいる場合、またはそのノートを作成した場合)。
  • 作成したバージョン。

管理者は新しい権限ロールを作成できます。

  1. [権限](Permissions)ページの右上で、[+ 新しい権限ロール](+ New Permission Role)ボタンをクリックします。
  2. 新しい権限ロールに名前を付け、テンプレートを選択する必要があります。新しい権限ロールには選択したテンプレートに基づいて既定の権限が設定されます。これにより、新しい権限ロールのセットアップにかかる時間を大幅に節約できます。

既定の権限を確認するには、ここをクリックしてください down_arrow.png

権限を使用して制御できる内容

  • エンティティの権限(ノートを表示または作成できるユーザ)
  • フィールドの権限(ノート エンティティの[ステータス](Status)フィールドを表示または編集できるユーザ)
  • アプリの権限(アプリを表示または編集できるユーザ)
  • 高度な権限( ページを保存できるユーザと場所など、その他の項目を制御する)
  • 既定値にリセット down_arrow.png

権限の表示と編集は、個別のフィールド、エンティティ自身、または[管理者](Admin)メニューの[権限](Permissions)領域(権限がある場合)で行うことができます。

ユーザの権限を確認する

ユーザに付与された権限グループを表示または修正するには、[ユーザ](People)ページにアクセスします。各ユーザのアカウント レコードには、権限グループを変更できる権限グループ フィールドがあるため、Shotgun で加えられる変更内容を確認できます。

各ユーザに最適な権限ロールを選択するには、このフィールドをダブルクリックします。また、複数のユーザを選択して、レコードの権限グループ フィールドの任意の場所を右クリックすることもできます。[選択した項目を編集](Edit Selected)を選択して、すべてのユーザに一括で適用される権限ロールを選択します。

例: フィールドの権限を編集する

これは権限を継続的に変更する例として最も一般的です。ここから開始しましょう。Shotgun のすべてのフィールドには 2 種類の権限があります。フィールドの「表示」に関する権限と「編集」に関する権限です。

操作を実行できるユーザ
フィールドを編集できるユーザは、[フィールドを設定](Configure Field)ダイアログにアクセスできます。フィールドの列ヘッダを(リスト モードで)右クリックして[フィールドを設定...](Configure Field...)オプションを選択し、表示されるダイアログで[権限](Permissions)タブをクリックし、変更を加えてから[フィールドを更新](Update Field)をクリックします。これは個別のフィールドの権限を簡単に表示または調整するのに最適で、すべてのグリッド ページで実行できます。

権限グリッド設定

注: [権限](Permissions)タブのチェックボックスがグレー表示されている場合、フィールドが編集不可であるか、フィールドに条件付き(高度な)権限ルールが設定されているか、UI を使用して編集できないことを表します。

例: エンティティの権限を編集する

[サイト基本設定](Site Preferences)の[エンティティ](Entities)セクションに、[権限](Permissions)セクションがあります。このセクションをクリックすると、すべての権限がロードされます。権限ロールごとにその特定のエンティティ タイプに応じて、エンティティを直接処理する場合に権限を表示および編集するときに便利です。Shotgun のすべてのエンティティには、表示できるユーザ、作成できるユーザ、廃止できるユーザ、編集できるユーザという 4 種類の権限があります。

エンティティの権限
[サイト基本設定](Site Preferences)のエンティティの権限[サイト基本設定](Site Preferences)にリストされるすべてのエンティティには、当該エンティティの権限を表示および編集できる展開可能な[権限](Permissions)セクションがあります。

エンティティの権限を変更する

  • [サイト基本設定](Site Preferences)ページから、権限を修正するエンティティを特定および展開します(アセットなど)。
  • エンティティ セクション内の[権限](Permissions)ウィジェットをクリックして展開します。
  • エンティティの権限(表示、作成、廃止、および編集)の 4 つのカテゴリのチェックボックスを選択または選択解除します。
  • [サイト基本設定](Site Preferences)の上部までスクロールし、[変更を保存](Save Changes)をクリックします

エンティティの権限の仕組み

  • <entities> を表示できるユーザ
    ロールが UI でこのタイプのエンティティを表示できるかどうかを制御します。たとえば、アーティストが「配信」エンティティを表示できない場合、配信がリストされたページを表示することはできません。
  • <entities> を作成できるユーザ
    ロールが特定のタイプのエンティティを作成できるかどうかを制御します。
  • <entities> を廃止できるユーザ
    ロールが特定のタイプのエンティティを廃止できるかどうかを制御します。
  • <entities> を編集できるユーザ
    ロールが特定のタイプのエンティティを編集できるかどうかを制御します。たとえば、アセット エンティティ タイプのアーティストについてこの設定を Yes にすると、フィールドの権限がオーバーライドされない限り、アーティストはアセット フィールドを編集できます。No に設定すると、ロールはこのエンティティのフィールドを編集することはできません。

例: 個人ページの権限を編集する

グローバル ページ(プロジェクトに割り当てられていないページ)がデザイン モードの場合、そのページの共有対象を「[相手なし](No one)」(つまりプライベート)または「[全員](Everyone)」に設定してから、表示できる権限グループを選択します。

グローバル デザイン ページの権限

プロジェクトに割り当てられたページがデザイン モードの場合は、表示できる権限グループを選択することもできます。

プロジェクト デザイン ページの権限

ページの権限は、クイックジャンプおよび[ページ](Pages)メニューにページが表示されるかどうかを制御するだけです。ページの権限はページにデータを表示するかどうかを制御するわけではありません。

権限の概要と高度な権限

あらゆる権限を一箇所で表示または変更するには、管理者用の[権限](Permissions)ページを使用します。ここから、エンティティの権限、フィールドの権限、アプリの権限を編集したり、ロールを既定の設定にリセットしたり、他の管理アクセス権限を割り当てたりできます(権限の設定またはページの保存を行うユーザと同様です)。

高度な権限

[権限](Permissions)ページの概要
各権限ロール(Admin、Artist、Manager、Vendor など)を有効にすると、次の展開可能なオプションを含む権限ページが表示されます。

  • [概要](Summary)
  • [エンティティの権限](Entity Permissions)
  • [フィールドの権限](Field Permissions)
  • [アプリの権限](App Permissions)
  • [詳細設定](Advanced)
  • [既定値にリセット](Reset to Defaults)

概要

この概要には、特定のロールの権限が 1 行ずつ分類されて表示されます(警告: Ruby コンソールに出力される内容とまったく同じであるため、この分類は少し技術的になることがあります)。

エンティティの権限

ここには、有効なすべてのエンティティが権限ロールごとに分類されて表示されます。各エンティティについて、当該ロールの表示、作成、削除、編集の権限を表示します。

マネージャ エンティティの権限

注: チェックボックスがグレー表示されている場合、操作に条件付き(高度な)権限ロールが設定されていることを表します(たとえば、アーティストは自身がリンクされているタイムログのみを編集でき、自身が作成したノートのフィールドのみを編集できるなど)。

例: アーティストによるタスクの作成を許可する

  • [権限](Permissions)ページにアクセスします。
  • [アーティスト](Artist)ロールをクリックして展開します。
  • [エンティティの権限](Entity Permissions)をクリックして展開します
  • [タスク](Task)エンティティ タイプを見つけ、[作成](Create)チェックボックスを選択します。
  • 最上部までスクロールし、[変更を保存](Save Changes)をクリックします。
  • これ以降、[アーティスト](Artist)ロールのすべてのユーザがタスクを作成できるようになります。

フィールドの権限

フィールドの権限は権限ロールごとに分類され、次にエンティティ タイプごとに分類されます。特定の権限ロールのフィールドごとに表示と編集の権限が表示されます。既定では、エンティティ フィールドの権限はエンティティ レベルの権限から継承されます。たとえば、Artist ロールでタスク エンティティを編集できるように設定すると、明示的に禁止されていない限り、タスク フィールドも編集できるようになります(一部例外あり down_arrow.png)。

マネージャの権限

注: チェックボックスがグレー表示されている場合は、フィールドが読み取り専用であるために[アセット](Asset) > [作成者](Created by)の編集操作が保護されていること(監査フィールドの場合)、または操作が条件付き(高度な)権限ルールで保護されていることを表します。特定のフィールドが編集できない理由を確認するには、カーソルをそのフィールドの上に合わせてツールチップを表示します。

例: アーティストによるアセットの[説明](Description)フィールドの編集を許可する

  • [権限](Permissions)ページにアクセスします。
  • [アーティスト](Artist)ロールをクリックして展開します。
  • [フィールドの権限](Field Permissions)をクリックして展開します。
  • [アセット](Asset)エンティティ タイプをクリックして展開します。
  • [説明](Description)フィールドを見つけ、[編集](Edit)チェックボックスを選択します。
  • 最上部までスクロールし、[変更を保存](Save Changes)をクリックします。
  • これ以降、[アーティスト](Artist)ロールのすべてのユーザがアセットの[説明](Description)フィールドを編集できるようになります。

詳細設定

以下の基本設定を使用して、特定の管理機能へのアクセスを制御します。

管理者権限

  • 管理者オプションの使用(Use Admin Options)
    • このチェックボックスをオンにすると、管理者用の UI オプションにアクセスできるようになります。管理者機能への完全なアクセスを得るには(エンティティの廃止解除など)、エンティティごとに特定の権限調整が必要になる場合があります。
  • グローバル ナビゲーションを非表示(Hide Global Nav)
    • [グローバル ナビゲーションを非表示](Hide Global Nav)がオンの場合、ページ上部のナビゲーション バー コントロールが表示または使用できなくなります。表示できるのは、Shotgun のホーム ページ、ホーム ページからリンクされたページ、URL を把握しているページのみです。
  • [Toolkit のイベント ログ エントリの作成を許可](allow the creation of toolkit eventlogentries)
    • Toolkit を使用していると、特定のアクションにより API を介して EventLogEntries が作成されることがあります。この EventLogEntries の作成を許可すると、エンティティを作成できないという既定の動作を維持しながら Toolkit が停止するのを防ぐことができます。詳細については、Toolkit フォーラムを参照してください。
  • グローバル フォーマットの編集(Edit Global Formatting)
    • この権限を持つユーザのみがグローバル フォーマット ルールを作成できます。このルールは Shotgun のすべてのページのフォーマットに影響を与えます。
  • 既定値とプロジェクト作業スケジュールの編集(Edit default and project work schedules)
    • [既定値とプロジェクト作業スケジュールの編集](Edit default and project work schedules)をオンにすると、ユーザはプロジェクトと既定のスケジュールを表示および編集できるようになります。
  • プロジェクト ナビゲーションの[その他]メニューを非表示(Hide ‘Other’ menu in Project Nav)
    • ユーザのプロジェクト ナビゲーション バーに、[その他](Other)メニューが表示されません。
  • フィルタ パネルに保存されているフィルタを非表示(Hide Saved Filters in Filter Panel)
    • この権限を有効にしたユーザは、フィルタ パネルで有効な保存フィルタを表示または無効化できなくなります。
  • プロジェクト ナビゲーション バーの管理(Manage Project Navigation Bar)
    • この権限を持つユーザは、プロジェクト上部に表示されるナビゲーション バーで表示するページを設定できます。
  • プロジェクト ページの作成と保存(Create and Save Project Pages)
    • この権限を持つユーザのみがプロジェクトに新しいページを追加したり、既存のページを保存したりできるようになります。
  • ホーム ページのデザインと保存(Can Design and Save Home Page)
    • この権限を持つユーザのみが、従来のホーム ページに変更を加え、保存できるようになります(すべてのユーザに同じカスタマイズ可能なホーム ページが表示されますが、現在は独自のホーム ページを選択できるため、この権限が適用されるのは元のカスタマイズ可能なホーム ページのみです)。
  • フィルタとソートをマイ タスクに保存(Save Filters and Sorting in My Tasks)
    • この権限により、すべてのユーザに対するタスクの既定のソート方法とフィルタリング方法を保存できます。
  • ナビゲーション ページと詳細ページの保存(Save Navigation Pages and Detail Pages)
    • この権限を持つユーザは、メイン プロジェクトのナビゲーション ページとエンティティの詳細ページへの変更を保存できます。
  • あらゆるユーザに属する共有ページの保存(Save Shared Pages Belonging to Anyone)
    • このチェックボックスの基本設定により、ユーザはあらゆるユーザに属する「共有」ページを更新および保存できます。
  • 割り当てられたプロジェクトのみを表示(See Assigned Projects Only)
    • ユーザには、割り当てられたプロジェクトとこのプロジェクトにリンクされたすべてのデータのみが表示されます。プロジェクトにユーザを割り当てるには、ユーザの[プロジェクト](Projects)フィールド、またはプロジェクトの[ユーザ](People)フィールドを編集します。
  • クライアントからのノートの表示(Can see Client Notes)
    • この権限を持つユーザのみが、クライアント(ClientUsers)によって作成されたノートを表示できます。
  • 非プロジェクトのノートを表示(See Non-Project Notes)
    • 自分に割り当てられたプロジェクトのみが表示されるように制限されている場合、このオプションを使用して例外を作成し、プロジェクトにリンクされていないすべてのノートを表示することができます。
  • 非プロジェクトのタスクを表示(See Non-Project Tasks)
    • 自分に割り当てられたプロジェクトのみが表示されるように制限されている場合、このオプションを使用して例外を作成し、プロジェクトにリンクされていないすべてのタスクを表示することができます。
  • 権限の設定(Set Permissions)
    • このチェックボックスをオンにするには、[管理者オプションの使用](Use Admin Options)もオンになっている必要があります。
  • Client Review Site を使用したプレイリストの共有(Can Share Playlists via Client Review Site)
    • この権限を持つユーザのみが、Client Review Site を使用したプレイリストを共有することができます。
  • 別ユーザとして表示を確認(allow “sudo”: perform actions and log events as though logged in as another user *)
    • Human User 権限グループで有効にすると、[ユーザ](People)ページの[ID を偽装](Assume Identity)機能が有効になります。API 権限グループを有効にすると、Shotgun との接続を確立する場合に変数 sudo_as_login を使用できます。
  • [オーバーレイ プレイヤを使用可能](Can use the Overlay Player)
    • アップロードされたメディアを簡単に表示し、ノートや注釈のツールを使用してフィードバックを作成し、関連する他のメディアを表示します。
フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。