Shotgun ラーニング: 開発者向けトレーニング

Shotgun ラーニング シリーズは、ユーザやコミュニティにとって役立つ、価値のある情報をできるだけ素早く提供することに焦点を当てた Shotgun の新しいトレーニング構想です。 当社ではトレーニング コンテンツを短期間で作成し、リリースすることに取り組んでいるため、「完成度が低い」と感じるビデオがときどきあるかもしれません。 当社では、既存のコンテンツを再利用し、徐々に新しいトピックを提供することを計画しています。下(コメントのすぐ上)にある Follow Up をクリックして、ぜひこの記事をフォローしてください。新しいコンテンツが提供されたりコンテンツが更新されたときに通知を受け取ることができます。

この初公開の Shotgun ラーニング シリーズ(開発者向けトレーニング)は、Shotgun を使用する開発者として知っておくべき情報に焦点を当てています。 トピックには、「Shotgun 用のスクリプトを作成し、ツールを構築する方法」や 「既存のワークフローを Shotgun と統合する方法」などが含まれています。

開発者による Shotgun の紹介(19 分)

Shotgun の紹介に加え、Shotgun の基本的な概念、エコシステム、およびそれらと開発者との関係が説明されています。

 

 

Shotgun API の基本(7 分)

開発者が Shotgun Python API を使用して Shotgun を操作する方法はいくつかあります。 Python コンソールで API に容易にアクセスできることは重要です。それにより、Shotgun に関する学習や Shotgun 用のツールの構築を行っている間にコマンドをテストできます。

 

 

Shotgun API および CRUD の操作(9 分)

Shotgun Python API にはいくつかの一連のメソッドが含まれています。このビデオでは CRUD セットの中で最も役立つメソッドに焦点を当てています。 Shotgun でショットを作成する方法、既存のショットとその詳細情報を見つける方法、ショットを更新する方法、ショットを削除する方法など、API で実行できるすべてのメソッドが説明されています。

 

 

スクリプト キーおよび自動化(9 分)

このビデオでは、Shotgun のスクリプト エンティティを紹介します。また、Shotgun Python API セッションを認証するために、ユーザベースの資格情報(自動化で使用する場合には非常に限定的になる可能性あり)の代わりにスクリプト エンティティのアプリケーション キーを使用する方法について説明しています。

 

 

アクション メニュー項目の作成とテスト(24 分)

アクション メニュー項目(AMI)は、Toolkit アクションの軽量版です。 AMI を使用すると、指定されたプロトコル(HTTP または HTTPS)やカスタム プロトコルを経由して、Shotgun ページからスクリプトに情報を送信することができます。 このビデオでは、複数の AMI の例と実装について扱っています。

 

 

 

上記のビデオは、Shotgun トレーニング コンテンツの新シリーズの一部です。 フィードバックや扱ってほしいトピックが他にある場合は、 こちらをクリックしてお知らせください。 

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。