クライアント側プロダクション環境のレビュー プロセス

プロダクションを完了する最も重要な要素の 1 つは、提出のレビュー、フィードバックの記録と配布、そしてショットが最終版であると見なされるまでこのフィードバックに行われる反復作業です。

Shotgun はこのプロセスの各段階で役立ちます。ベンダーが合理的かつ一貫性のある方法で提出するための仕組みを整えるだけでなく、レビューが必要な提出とレビュー担当者の特定、提出のレビュー ツールの提供、フィードバックの収集と返信、バージョン、そのステータス、履歴情報のトラッキングを行うことができます。

レビューする提出を受け取る

Shotgun には、Create Delivery アプリや Ingest Delivery アプリを使用して提出パイプラインを自動化する機能があります。ベンダーは Create Delivery アプリを使用して、便利かつセキュアな方法で作品を提出します。Ingest Delivery アプリは提出された作品を受け取り、処理して、Shotgun 内にレビュー可能なメディアと、フル解像度のメディアおよびその他のメタデータに対する参照を生成します。提出するたびに、すぐに表示可能なプレイリストが作成され、通知が送信されます。

Shotgun の提出プロセスの詳細を参照してください。

Shotgun の提出アプリでメディアが処理されなかった場合は、Import Media アプリを使用して、必要な参照およびレビュー可能なメディアを Shotgun 内で生成することができます。

レビューする提出を特定する

Shotgun には、レビューが必要な提出を特定する方法がいくつか用意されています。Shotgun に提出が一括で読み込まれるたびに、レビュー可能なすべてのメディアを含むプレイリストが(バージョン単位で)作成されます。これらを見つけるには、上部にあるプロジェクト ナビゲーション バーで[レビュー](Review)をクリックしてから、[プレイリスト](Playlists)タブをクリックします。

この操作を行うと、プロジェクト内のすべてのプレイリストが表示されます(既定では最新のプレイリストが一番上に表示されます)。必要に応じて、[タイプ](Type)フィールドの値が[ベンダー提出](Vendor Submission)であるプレイリストのみが表示されるよう、プレイリストをフィルタすることができます。このようにして、最新の提出バッチを簡単に見つけることができます。プレイリストをクリックすると、そこに含まれているすべてのバージョンが表示されます。

柔軟性と管理性を高めるために、プレイリスト内の各バージョンの「ステータス」を更新して、さらにレビューする必要があるかどうかを示すことができます。既定では、新規に追加されたバージョンはステータスが[レビュー保留中](Pending Review)になりますが、必要に応じて変更できます。たとえば、ディレクタ レビューが必要なことを示すように変更したり、確認が終了して、追加のアクションが不要なことを示すように変更したりできます。

ステータスのトラッキングの詳細

ステータスを最新状態に保つことで、[レビュー](Review)セクションの他のタブをフル活用することができます。たとえば、[レビューが必要](Need to Review)タブには、まだレビューされていないバージョンのみが表示されますが、[ディレクタ レビューが必要](Director Needs to Review)タブには、ディレクタ レビューのフラグが設定されたバージョンのみが表示されます。最終的に承認されたバージョンは[最終](Finals)タブに表示されます。これらのビューのいずれかとフィルタ パネルを組み合わせて使用すると、レビューする特定の項目に焦点を絞ることができます。

投稿を表示する

Shotgun には提出を表示するツールがいくつか用意されています。最も簡単なツールは、ブラウザ内でメディアのコピーを直接再生するオーバーレイ プレイヤです。このツールにアクセスするには、表示するバージョンのサムネイルをダブルクリックします。オーバーレイ プレイヤには、再生のコントロールや、メディアの注釈付けに使用できる多数のツールが用意されていますが、さらに詳細にコントロールする場合は、Screening Room を起動できます。

コンピュータの近くにいない場合は、App Store で入手可能な Shotgun Review for iPhone アプリを使用してバージョンのログイン、表示、注釈付けを行うこともできます。

フル解像度の元のメディアにアクセして、表示する場合は、バージョンを右クリックし、[RV で再生](Play in RV)を選択して、RV を起動することができます。RV には幅広い高度なツールおよび機能が用意されていて、Screening Room のすべての機能も含まれているため、コンテキスト内でバージョンを表示し、比較し、個々のフレームに注釈を付けることができます。

フィードバックを管理する

レビュー プロセスの最終段階では、フィードバックを記録して、関係者に配布します。この作業を行う最も簡単な方法は、Shotgun でノートを追加して、すべての関係者を宛先に設定することです。この操作を行うには、バージョンを右クリックし、[ノートを追加](Add Note)を選択してから、必要に応じて[宛先](To)フィールドを編集します(既定では、ノートはバージョンの作成者に送信されます)。

[詳細を表示](Show Details)ボタンをクリックし、ノートを入力して、オーバーレイ プレイヤからノートを追加することもできます(ノートの送信先をコントロールするには、[フィールド](Fields)ドロップダウンをクリックして、[宛先](To)フィールドを選択します)。

これらのノートは便利ですが、適用されるのは、Shotgun プロジェクトのログイン名を持つユーザのみです。ベンダーやその他の外部関係者はログイン名を持っていないか、またはプロジェクトにアクセスする立場にない可能性があります。このため、代わりに Review Notes アプリを使用する方が便利なことがあります。

Review Notes アプリを使用すると、プレイリスト内のバージョンに対してノートのドラフトをすばやく作成し、必要に応じて、作成されたすべてのノートの概要メールを送信することができます。レビュー セッション中にノートを作成する場合は、この方法が非常に効率的です。レビュー セッションに含まれるすべての項目が正しい順序に並んだプレイリストを作成できます。必要な作業は、Review Notes アプリでこのプレイリストを開き、対応するバージョンにコメントを追加することだけです。準備ができたら、ノートをプレビューし、公開して、概要メールを送信するよう選択します。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。