レポート ページを設計する

Shotgun では、レポートとして使用するページを設計できます。

レポートの例

次の説明に従うと上記のようなレポートを作成できますが、同じ方法を使えばさまざまなカスタム レポート ページを作成できます。最初に、キャンバス ページを設計する必要があります。

手順 1: ページに行を追加する。

4 つの行を追加します。それぞれに設定する列の数は、次のとおりです。

  • 行 1: 1 つの列
  • 行 2: 4 つの列

手順 2: 利用可能なウィジェットのリストからラベル ウィジェットを最初の行に追加する。

最初の行を設定するには、1 行表示のラベル ウィジェットを追加します。ラベル ウィジェットに次のフィールドが設定されていることを確認します。

  • [プロジェクト名](Project Name)
  • [ステータス](Status)
  • [説明](Description)

手順 3: 1 つのサムネイル ウィジェットと 1 つのカウントダウン ウィジェットを 2 番目の行の最初の列に追加する。

次に、ウィジェットを設定します。

  • 1 つのサムネイル ウィジェットは現在のプロジェクト内に表示される必要があります。
  • カウントダウン ウィジェットには、プロジェクトの期日としてイベントの日付を指定する必要があります。

手順 4: グリッド ウィジェットを 2 番目の行の 2 番目の列に追加する。

次に、ウィジェットを設定します。

  • グリッド タイプに[シーケンス](Sequence)を選択します。
  • グリッドに[シーケンス名](Sequence Name)フィールドと[ステータス](Status)フィールドを追加します。

手順 5: 2 つのグラフ ウィジェットを 2 番目の行の 3 番目の列に追加する。

次に、ウィジェットを設定します。

  • 1 番目のグラフにはショットのステータスが表示されます。
    ショット ステータス グラフ
  • 2 番目のグラフにはアセットのステータスが表示されます。
    アセット ステータス グラフ

手順 6: グラフ ウィジェットを 2 番目の行の 4 番目の列に追加する。

部門ごとのファイナルの割合を表示するようにウィジェットを設定します。

部門ごとのファイナルの割合のグラフ

リスト ページを設定する

Shotgun でリスト ページを設定して、レポートを作成することもできます。たとえば、「Shots due this week report」ページを作成して、パイプラインのファイナル タスクの終了日をフィルタすることで、その週が期限のショットを表示することができます。この例の場合、ファイナル タスクは Comp タスクです。

ショット レポート

このレポート ページをセットアップするには:

  1. エンティティ タイプを「ショット」にして、新しいプロジェクト ページを作成します。[サムネイル](Thumbnail)、[ステータス](Status)、[ショット コード](Shot Code)、[シーケンス](Sequence)、[パイプライン ステップ](Pipeline Step)、および[アセット](Asset)列が表示されるようにします。
  2. 今週が期限の Comp ステップのみを表示するようにフィルタを設定します。
    最終的なショット レポート
  3. 未完成のショットを簡単に表示できるように、すべての行をフォーマット化します。このためには、新しいページ ルールを追加します(これはレポート ページにのみ影響します)。
    短いレポート ページのフォーマット
    ルールの名前を「Unfinished」と指定し、フィルタを「ステータス : 等しくない : ファイナル」(Status *is not* final)に設定します。次に、背景色を赤に変更します。
    ショット レポート ページのフォーマット フィルタ

今週が期限のショットすべてがレポート ページに表示されますが、まだファイナルでないショットは赤色でハイライトされます。

セットアップ可能なレポート例については、「グラフ ウィジェットのチュートリアル」を参照してください。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。