エピソード エンティティはどのように動作するのですか?

エピソード エンティティはシーケンスとプロジェクトの間に配置され、エピソード ワークフローを別のレベルで整理できます。

ショットとエピソードの関係は直接的でないため、直観的でないと感じるクライアントもいるかもしれません。ショットとシーケンスは 1 対多の関係でリンクし(つまり 1 つのショットがリンクできるのは 1 つのシーケンスのみ)、シーケンスとエピソードは 1 対多の関係でリンクします(1 つのシーケンスがリンクできるのは 1 つのエピソードのみ)。

エピソード スキーマ

多くのスタジオで、「プロジェクト > エピソード > ショット」ではなく「プロジェクト > エピソード > シーケンス > ショット」の階層を使用していることが分かったため、このスキーマに決定しました。(「プロジェクト > エピソード > ショット」を使用するスタジオの場合、エピソードの代わりとしてシーケンス エンティティを使用しているようです。)

ショットとエピソードが直接リンクされていなくても、シーケンスとのリンクの方法により(つまり、シーケンスはエピソードとリンクされているため)、ショット ページで同じようにエピソードの値を表示し、ショットをグループ化およびフィルタできます。

ショットでエピソード名を表示するには、ショットのページに移動して、[リンク フィールド](Linked Fields)から、[シーケンス](Sequence) > [エピソード](Episode)にアクセスします。


ショットで[エピソード](Episode)フィールドを表示するには、ショットのページに移動し、[リンク フィールド](Linked Fields)から、[シーケンス](Sequence) > [リンク フィールド](Linked Fields)から[エピソード](Episode) > {episode fields} にアクセスします。

エピソードの詳細ビューにタブを追加する

通常、エピソードの詳細ビューに含まれるのはいくつかのタブのみです。他にもいくつかの追加が可能です。詳細ビューには、次のものを追加することをお勧めします。

  • ショット
  • アセット
  • シーケンス
  • バージョン

エピソードの命名規則について

同じシーケンス名がある場合、混乱を避けるために、シーケンス名の先頭にエピソード番号を追加できます。たとえば、エピソード 1 と 2 に SATL シーケンスがある場合、シーケンス名は次のようになります。

  • e01_SATL
  • e02_SATL

以降のスキーマでも、同様のショットの命名方法を使用することをお勧めします。そうすると各シーケンス内のショット名は e01_SATL_s0010、e02_SATL_s0010 などのようになります。

この命名規則を使用すれば、プロジェクト内のシーケンスとショットに常に固有の名前を指定できます。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。