レビューと承認

Shotgun を導入したワークフローの構成は総じて似たようなものになります。タスクがアーティストに割り当てられます。アーティストはビジュアル メディアを制作して、作品をバージョンとして提出します。バージョンはスーパーバイザ、クライアント、監督によってレビューされ、そのまま承認されるか、再作業用にノートが付けられます。このプロセスを円滑に進めるために、マネージャは複数のバージョンを集めて、メディア アプリでレビューできるプレイリストを作成します。また、Client Review、Screening Room、Review Notes といったビルトイン レビュー アプリを使用することで、メディアをレビューしたり、ノートをアーティストに返したり、バージョンの承認をトラックしたりできます。iPhone アプリの Shotgun Review を使用することにより、スーパーバイザは外出先でもレビューを行うことができ、フィードバックを返すこともできます。このセクションにはレビューと承認プロセスの各段階の詳細が記載されています。