タスク テンプレートを使用する

タスク テンプレートを使用すると、同じような成果物に後で再利用できる一連のタスクを作成できるため、同じタスクを何度も作成する手間を省くことができます。

新しいタスク テンプレートを作成する

タスク テンプレートを作成する最も簡単な方法は、再使用する一連のタスクが既にあるエンティティを見つけることです。

[タスク](Tasks)ページで次の操作を行います。

  1. [リンク](Link)フィールドでタスクをグループ化します。
  2. エンティティ名の横にある[...]ボタンをクリックします。
  3. [タスクをタスク テンプレートとして保存](Save Tasks as Task Template)を選択します。
  4. タスク テンプレートの名前を入力します。
  5. [タスク テンプレートを作成](Create Task Template)をクリックします。

mceclip0.png

新しいタスク テンプレートを最初から作成することもできます。「タスク テンプレートを管理する」を参照してください。

タスク テンプレートを適用する

次のいずれかの方法で、タスク テンプレートを 1 つのエンティティに適用(または再適用)することができます。

新しいエンティティを作成する場合は、次の操作を行います。

  1. [[エンティティ タイプ]を追加...](Add [entity type]...)をクリックします。
  2. 表示されたフォームに[タスク テンプレート](Task Template)フィールドが表示されない場合は、[その他のフィールド](More Fields)をクリックしてドロップダウンから選択します。
  3. [タスク テンプレート](Task Template)フィールドで、適用するテンプレートを選択します。
  4. [[エンティティ タイプ]を作成...](Create [entity type]...)をクリックします。

エンティティのリストを参照する場合は、次の操作を行います。

  1. エンティティを右クリックして[タスク テンプレートを適用](Apply Task Template)を選択するか、[タスク テンプレート](Task Template)フィールドを表示してクリックします(ヒント: テンプレートが以前に適用されていない場合は、鉛筆アイコンをクリックすると、テンプレートのドロップダウン リストが直接表示されます)。
  2. 適用するタスク テンプレートを選択します
  3. [選択した項目を適用](Apply selected)をクリックします。

[タスク](Tasks)ページで次の操作を行います。

  1. [リンク](Link)フィールドでタスクをグループ化します。
  2. エンティティ名の横にある[...]ボタンをクリックします。
  3. [タスク テンプレートを適用](Apply Task Template)を選択します。
  4. 適用するタスク テンプレートを選択します
  5. [選択した項目を適用](Apply selected)をクリックします。

次の方法で、タスク テンプレートを複数のエンティティに適用(または再適用)できます。

エンティティのリストを参照する場合は、次の操作を行います。

  1. 更新するエンティティを選択します。
  2. エンティティを右クリックするか、[詳細](More)ドロップダウンボタンをクリックします。
  3. [[# 個のエンティティ タイプ]のタスク テンプレートを編集...](Edit Task Template for [# entity types]...)を選択します。
  4. 適用するタスク テンプレートを選択します
  5. [選択した項目を適用](Apply selected)をクリックします。

選択したエンティティに新しいタスクが追加されます。

既にタスクが設定されているエンティティにタスク テンプレートを適用すると、新しく選択したテンプレートに含まれないすべてのタスクをごみ箱に送るよう求められます。

mceclip1.png

タスク テンプレートを使用する場合の追加の考慮事項

保存される内容

一連のタスクからタスク テンプレートを保存する場合、生成されたテンプレートには、タスクごとに次のフィールドのみが保持されます。

  • タスク名
  • パイプライン ステップ
  • 期間
  • 上流および下流の依存関係

適用される内容

タスク テンプレートを適用(または再適用)すると、次のフィールドが更新されます。

  • タスク名
  • パイプライン ステップ
  • 期間
  • 上流および下流の依存関係
  • タスク テンプレートを管理」インタフェースを使用して編集された他のすべてのフィールド(ステータスは除く)

プロジェクト固有の考慮事項

各プロジェクトで使用する既定のタスク テンプレートを指定できます。そのためには、プロジェクトの[トラッキング設定](Tracking Settings)に移動し、エンティティ タイプを選択して[プロパティ](Properties)タブを表示し、[既定のタスク テンプレート](Default Task Template)の設定を変更します。

タスク テンプレートによっては、特定のプロジェクトに制限することができます。詳細については、「タスク テンプレートを管理する」を参照してください。

権限に関する考慮事項

タスク テンプレートを保存できるようにするには、ユーザの権限ロールで[タスク テンプレート](Task Templates) > [作成](Create)をオンにする必要があります。

タスク テンプレートを特定のエンティティ タイプに適用できるようにするには、ユーザの権限ロールで[タスク テンプレート](Task Templates) > [閲覧](See)、[エンティティ タイプ] > [編集](Edit)、および[エンティティタイプ] > [フィールド](Fields) > [タスク テンプレート](Task Template) > [編集](Edit)をすべてオンにする必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
フォローする

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。