タスクとパイプライン ステップ

パイプライン ステップとタスクの作成

タスクを作成する前に、まずタスクのパイプラインを定義する必要があります。

タスクのパイプラインは、何か(アセットやショットなど)を作成するためのワークフローを定義する一連のステップです。通常、異なるタイプの項目を作成するためのワークフローのステップは異なるため、トラッキングする項目ごとにパイプラインを定義します。たとえば、アセット用とショット用には互いに異なる一連のパイプライン ステップを用意します。かなり高度な、あるいはかなり詳細な一連のパイプライン ステップを作成することができますが、最も一般的な方法は、関連する部門によってパイプラインを定義することです。言い換えると、パイプライン ステップはタスクのコンテナです。パイプライン ステップ内のすべてのタスクが完了したら、パイプライン ステップは完了したと見なされます。

「Hyperspace Madness」のショット パイプラインには 5 つのステップ(レイアウト、アニメーション、エフェクト、ライティング、コンポジット)があります。

10_shot_pipeline.ja.jpg

各ショットには 1 つまたは複数のタスクがリンクされています。そして、各タスクは 5 つのステップのいずれかに割り当てられています。上記のショットのパイプライン ステップは、既定では折りたたまれた状態で表示されます(タスクのステータスのみを表示)。この列が展開されると、タスクに割り当てられたユーザや終了日などの詳細なタスク情報が表示されます。すべて設定可能です。

11_tasks.ja.jpg

パイプライン ステップ内でタスクを編集する

パイプライン ステップ内のタスクは、他のタスク フィールドと同様にフィールドをダブルクリックしてから値を変更することで編集できます。

12_editing_task.ja.jpg

タスクを作成する

タスクを作成してメンバーに割り当てたら、スケジュールが作成されるだけではありません。割り当て先のメンバーにこのタスクを送信し、チームでの協力が可能になることを意味します。タスクは各自の[マイ タスク](My Tasks)ページに自動的に表示され、必要なすべての情報へのリンクも表示されます。

通常、何かをトラックする必要がある場合やステータス レポートを表示する必要がある場合、そのプロセスの各ステップでタスクを作成します。誰かに「これのステータスはどうなっていますか?」と聞かれたら、その内容をタスクにすることができます。

タスクの作成には主に 4 つの方法があります。

1. タスクを 1 つずつ作成する

プロジェクト内のショットの詳細ページに移動し、[タスク](Tasks)タブを選択してから、[+]ボタンを選択して新しいタスクを作成します。

13_create_task.ja.jpg

各フィールド(太字は必須フィールド)に入力し、タスクの作成を選択します。少なくとも、タスク名とパイプラインのステップは入力することをお勧めします。[リンク](Link)フィールドにはショット(またはアセットなどの、タスクが設定されたトラッキング中の項目)が自動的に入力されます。

注: [リンク](Link)フィールドは、親の詳細ページからタスクを作成する場合のみ自動的に設定されます。

14_new_task.ja.jpg

2. タスクを読み込む

インポータについては、プロジェクト内のメンバーを確認するときに簡単に紹介します。 [スケジュール](Schedule)ページの[詳細](More)ボタンから[タスクを読み込み](Import Tasks)を選択するのと同じ方法で、タスクを一括で読み込むことができます。

15_import_tasks.ja.jpg

3. タスク テンプレート

タスク テンプレートは、スケジュールをすばやく設定し、プロジェクト内とプロジェクト間で一貫性を維持するための最適な方法です。管理者は、作成のたびに同じ基本ステップを実行するような項目にタスク テンプレートをセットアップできます。たとえば、基本的なデジタル アセット作成プロセスには一般的に、モデリング、リギング、サーフェス作成が含まれます。これらの 3 つのタスクを含む「Basic Asset Template」というテンプレートをセットアップできます。

16_basic_template.ja.jpg

タスク テンプレートを設定する方法については、『管理者ガイド』を参照してください。

4. パイプライン ステップ内でタスクを作成する

ステップ列を参照する[ショット](Shots)ページを表示し、特定のショットで[レイアウト](Layout)タスクを作成するとします。右クリック コンテキスト メニュー項目の[選択した項目にタスクを追加](Add Task to Selected)を使用すると、簡単にこれを行うことができます。

17_create_task_in_pipeline.ja.jpg

上級者向けのヒント: [選択した項目にタスクを追加](Add Task to Selected)メニュー項目をクリックする前に複数のレコードを選択すると、タスクを複数のレコードに追加できます。これにより、選択したレコードごとに個別のタスクが作成されます。

パイプライン ステップとページ レイアウト

各パイプラインには、アセット用、要素用、ショット用などの、パイプライン ステップをレンダリングする既定の方法があります。これにより、ページ レイアウトにショット ステップを追加するたびに、プロジェクトに関係なく期待どおりの外観で表示されるようになります。このため、表示するビューの一貫性が保たれます。

ステップ列のレイアウトに既定で保存される表示設定の例は、次のとおりです。

  • 表示するタスク列
  • タスク列のフォーマット オプション(幅、位置、列ヘッダの色、テキストの折り返しなど)
  • タスク列の要約オプション
  • 既定のステップ表示モード

18_display_setting.ja.jpg

上級者向けのヒント: いったんステップをページ レイアウトに追加すると、既定のステップ レイアウトを変更しなくても、このレイアウトを変更してページを保存できます。

ステップ列を追加および削除する

「Hyperspace Madness」で、Layout パイプライン ステップを[ショット](Shots)ページに追加し、Comp パイプライン ステップを削除するとします。[パイプライン](Pipeline)ボタンをクリックして、Layout と Comp を選択します。ステップを追加すると、ステップ列が(既定のレイアウトで)グリッドの右端に表示されます。

19_layout.ja.jpg

レイアウト内にすべてのステップ列を表示する

同様に、すべてのステップ列を表示するには、[パイプライン](Pipeline)ボタンをクリックして[すべて表示](Show All)を選択します。これにより、指定されたパイプラインのすべてのステップがページ レイアウトに追加されます。いずれかのステップが既に表示されている場合は、表示されているステップの右側に残りすべてのステップ([すべてのタスク](ALL TASKS)を除く)が挿入され、相対的なステップ順に表示されます。

20_all_tasks.ja.jpg

パイプライン ステップ表示モード

パイプライン ステップ内に情報を表示すると、レポートが強化されます。たとえば、パイプライン ステップで状態がファイナルのタスクがいくつあるかの概要を示すとします。「Hyperspace Madness」では、Layout パイプライン ステップで状態がファイナルになっているタスクのパーセンテージの概要を表示します。表示モードを変更するには、ステップ列のヘッダを右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、使用可能な 3 つの表示モード([詳細のみを表示](Show Details Only)、[概要のみを表示](Show Summaries Only)、[詳細と概要を表示](Show Details and Summaries))のいずれかを選択します。

21_summary.ja.jpg

  • [詳細のみを表示](Show Details Only): タスクがリンクされている項目(ショットやアセットなど)ごとに、ステップ内の各タスクを表示および編集できます。これは、ステップ内で各タスクを表示する場合の既定のビューです。
  • [概要のみを表示](Show Summaries Only): タスクがリンクされている項目(ショットやアセットなど)ごとに、タスクすべての概要値を表示できます。ステップ内の各タスク列は複数の方法で要約できますが、既定の要約オプションはフィールドの要約オプションから取得されます。このオプションは、[フィールドを設定](Configure Field)ダイアログで設定できます。「Hyperspace Madness」では、タスクをロールアップに表示せずにファイナルのパーセンテージの概要のみを表示する場合に、この表示オプションを使用します。
  • [詳細と概要を表示](Show Details and Summaries): 詳細と概要の両方を表示できます。また、ファイナルのパーセンテージの概要とともにタスクのロールアップ レポートを表示できるように、「Hyperspace Madness」でも一般的に使用されます。

22_final_percentage.ja.jpg
「Hyperspace Madness」の詳細と概要を表示

パイプライン ステップのレイアウトを更新する方法については、『ユーザ ガイド』を参照してください。

[すべてのタスク](All Tasks)ビュー

多くの場合、すべてのステップを順番に確認するのではなく、すべてのタスクを一度に表示する必要があります。たとえば、次のものの表示が必要な場合があります。

  • アセットの全タスクの全期間合計
  • すべてのタスクの完了率
  • 特定の人物にタスクが割り当てられているすべてのアセットのフィルタ

「Hyperspace Madness」では、パイプライン ステップのパーセンテージの概要を示しながら、特定のパイプライン ステップ内のタスクだけでなく、アセットのすべてのタスクをチームに表示します。そのためには、[すべてのタスク](All Tasks)ステップの追加後、[ステータス](Status)フィールドに[詳細と概要を表示](Showing Details and Summaries)を追加します。

23_show_details_summaries.ja.jpg

[すべてのタスク](All Tasks)内で結果をフィルタする場合は、[すべてのタスク](All Tasks)というステップを追加すると、アセットが 5 つのタスクにリンクされ、[すべてのタスク](All Tasks)パイプライン ステップからすべてのタスクを表示および編集できます。

24_all_tasks_filter.ja.jpg

[すべてのタスク](All Tasks)は次のようにフィルタできます。

  • 開始日が[明日](Tomorrow)のタスクが 1 つ以上リンクされているすべてのアセットを検索する
    25_tomorrow_start_date.ja.jpg
  • 自分(Me)に割り当てられているタスクが 1 つ以上リンクされているすべてのアセットを検索する
    26_task_includes_me.ja.jpg

リンクされているパイプライン ステップ

リンクされているパイプライン ステップのフィールドにより、表示している内容にリンクされた項目に関するタスクの要約を表示できます。「Hyperspace Madness」では、[アセット](Assets)ページでアセットを表示しているときに、アセットにリンクされたすべてのショットに対するすべてのタスクのステータスを把握できます。これはステータス更新のミーティングで非常に役立ちます。

これを行うには、リンクされているパイプライン ステップの概要フィールドを[アセット](Assets)ページに追加します。列を追加して、[リンク パイプライン](Linked Pipelines) > [ショット ステップ](Shots Steps) > [すべてのタスク](ALL TASKS) > [ステータス](Status)を選択します。

27_all_tasks_status.ja.jpg

既定では、アセットにリンクされている全ショットの全タスクについて既定の概要(完了率)が表示されます。

28_default_summary.ja.jpg

詳細ページにパイプライン ステップの概要を追加する方法については、『管理者ガイド』を参照してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
フォローする