7.10 リリース ノート

リリース日: 2018 年 6 月 26 日

Shotgun 7.10 には、ワークフローの柔軟性をさらに高める新機能が用意されています。新機能は、メディアを保存するための新しいオプション、[計算](Calculated)フィールドの追加機能、REST API の更新などです。

メディアの保存

ブラジルのサンパウロがメディアの保存場所として選択できるようになりました。南米のスタジオでは、アップロードしたファイルをこの新しい場所に保存することによって、ダウンロード時間およびベージのロード時間を短縮できます。

[計算](Calculated)フィールド

[計算](Calculated)フィールドの機能および柔軟性が強化され、フィルタしたり、新しい文字列関数を使用したりできるようになりました。

使用できる文字列関数は、次のとおりです。

  • LEFT: 指定した文字列の先頭を起点として、文字列の一部を返します。
  • RIGHT: 指定した文字列の末尾を起点として、文字列の一部を返します。
  • MID: 文字列のセグメントから取得した、文字列の一部を返します。
  • LEN: 文字列の長さを返します。

これらの新しい関数を CONCAT と組み合わせて使用すると、次の例のように文字列を操作することができます。

[計算](Calculated)フィールド

Rest API

Shotgun の REST API にエンドポイントが追加されました。この更新により、REST API は Shotgun の Python API と機能的にほぼ同等になりました。更新されたドキュメントについては、http://developer.shotgunsoftware.com/rest-api を参照してください。

修正されたバグ

  • 他の計算フィールドが含まれた計算フィールドが、入力される計算フィールドのデータ型に基づいて、適切な出力形式を正しく認識するようになりました。[SG-6284]
  • Shotgun の API が、計算されたフィールドのグループ化と要約をできるようになりました。[SG-6216]
  • [フィールド](Fields)ページの[エンティティ](Entities)のフィルタ タイプで検索が一致しない問題を修正しました。[SG-6807]
  • Shotgun で、2147483647 より大きなページ数でもクイック フィルタを行えるようになりました。[SG-3908]
  • [期間](Duration)フィールドのカスタム フィルタで、「空」の検索条件を使用できるようになりました。[SG-3564]
  • 単一のレコードを返す「接続エンティティ」に、クエリー フィールドを作成できるようになりました。[SG-2271]
  • Markdown が、[情報](Info)タブの詳細ページのテキスト フィールドで正しくレンダリングされるようになりました。[SG-5735]
  • 負の値を含む棒グラフのバー上のラベルが、綺麗に表示されるようになりました。[SG-6833]
  • グラフで、空白のままになっているフィールドが「空白」の値として表示されるようになりました。[SG-6829]
  • スタック グラフの合計値のラベルがスクロール バーと重ならずに表示されるようになりました。さらに、スタック グラフのオプションが「100%」に設定されている場合は、合計値のラベルが表示されなくなりました。[SG-5439]
  • Shotgun Web アプリの翻訳が更新されました。[SG-5397]、[SG-5396]、[SG-5395]、[SG-4166]
フォローする