どのオーディオ設定を使用すればよいですか?

RV プリファレンスの Audio タブにある Output Module には、オーディオを処理するために RV が選択できるオーディオ インタフェースが表示されます。これはオペレーティング システムに固有です。 各オペレーティング システムには、独自のプラットフォーム固有のオプションがありますが、最近になって、Platform Audio という名前の Qt ベースのクロス プラットフォーム設定が作成されました。 Output Module でこのオプションを使用することをお勧めします。

Output Format and Rate 設定は重要な設定です。最も一般的にレビューするソースに含まれるオーディオに対して適切なフォーマットとフレームレートを選択する必要があります。 ほとんどの場合、これは 32 ビット浮動小数であり、44.1 または 48 kHz です。

Keep Audio Device Open When Not Playing を使用すると、ループ再生するときや頻繁に開始と停止を繰り返すときに速度の低下とポップが軽減されます。 ただし、一部の Linux ディストリビューションでは、オーディオ システムを使用するとその他のアプリケーションと競合することがあります。 Hardware Audio and Video Synchronization を使用すると、再生時にメディアを同期しやすくなりますが、再生を開始するときに 2 つのシステム間でわずかな遅延を引き起こす可能性があります。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。