統合のサンプル ビデオ

サンプル ビデオ

このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。詳細については、『Shotgun 統合ユーザ ガイド』を参照してください。Shotgun Pipeline Toolkit を異なるアプリケーション環境に統合する方法を説明したサンプル ビデオのコレクションです。Maya または Nuke で Shotgun がどのように表示されるか知りたいですか? それではこのドキュメントを詳しく見て行きましょう。

Shotgun Pipeline Toolkit の外観や対象のアプリケーション内での動作に興味がありますか? このページでは、たくさんのビデオの概要を用意しており、エンジンごとの Toolkit の既定の設定に関連する基本機能について説明しています。各ビデオの長さは約 5 分です。

このビデオを確認する場合、既定の Toolkit の設定で紹介される機能はスタート地点に過ぎないことを忘れないでください。Shotgun Pipeline Toolkit は、スタジオのニーズや、TD と開発者が新しいツールを簡単かつ安全に開発できる環境に合わせて、設定および調整するためのフレームワークとして構築されています。

主なアプリケーションと機能

Shotgun Desktop

Shotgun Desktop はユーザのデスクトップに Shotgun を展開します。アプリケーションの起動とツールキット プロジェクトのセットアップがさらに簡単になりました。

詳細については、スタートアップ ガイドを参照してください。

Shotgun Panel

Shotgun Panel を使用すると、埋め込まれたパネルから Shotgun の情報にすばやくアクセスできます。ユーザが現在作業しているタスクに関する情報に簡単にアクセスでき、アクティビティ ストリーム、ノート、タスク、バージョン、およびパブリッシュにもすぐにアクセスできます。

詳細については、アプリのドキュメントを参照してください。

Loader

Shotgun Loader により、シーンにコンテンツを簡単に取り込めます。

Houdini、Maya、および Nuke

Toolkit を使用して、Maya、Houdini、および Nuke の間でジオメトリとレンダリングを転送する方法について説明した概要ビデオです。

詳細については、次を参照してください。

ゲーム ワークフローと Perforce

Perforce は、多くのゲーム スタジオで使用されるアセット管理システムです。

統合

Autodesk Maya

Maya は、アニメーション、リギング、レンダリング、および一般的な 3D 作品にまで対応できる用途の広いツールです。Toolkit Engine とその既定のアプリを使用すると、Maya 内で作業したときの情報を簡単に共有および管理できます。詳細については、6 分間の紹介ビデオを参照してください。

Maya Engine の詳細については、エンジンのドキュメントを参照してください。

Autodesk Flame

Toolkit と Flame を統合すると、Flame、Shotgun、および残りのパイプラインが接続されます。興味がある場合は、次の技術的なウォークスルーを参照してください。パート 3 は異なるすべての機能について説明しているため、スタート地点として最適です。

Flame Engine の詳細については、エンジンのドキュメントを参照してください。

Nuke by The Foundry

Nuke は合成アプリケーションです。Toolkit Engine とその既定のアプリを使用すると、情報を簡単に共有および管理できます。また、分かりやすく一貫性のある方法でディスクにレンダリングを簡単に書き込むことができるカスタムの書き込みノードを提供します。

Nuke Engine の詳細については、エンジンのドキュメントを参照してください。

Hiero by The Foundry

Hiero は、VFX プロダクション用のショット管理、コンフォーム、レビュー ツールです。Shotgun Engine for Nuke は Hiero をプロダクション トラッキング ブートストラッパに変換します。Hiero を使用すると、クライアントからカットを簡単に取り込み、このデータに基づいて Shotgun でショットとタスクをセットアップできます。

Nuke Engine の詳細については、エンジンのドキュメントを参照してください。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。