SG Desktop を使用してプロジェクトを再セットアップするにはどうすればいいですか?

注: このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 高度な設定が不明な場合は、『Shotgun 統合ユーザ ガイド』を参照してください。
注: これは退屈な作業ですが、この作業を再び「強制実行」するためのチェックボックスを選択することで、SG Desktop からこの作業を直接実行できるようにする予定です。

 

プロジェクトの再セットアップに必要な手順は次のとおりです。

オプション 1: 残りの設定を手動で削除し、SG Desktop でセットアップを再実行します

  • Shotgun でプロジェクトにリンクされた PipelineConfiguration エンティティを削除します
  • ディスク上で対応するパイプライン設定ディレクトリを削除します
  • Shotgun でプロジェクトの Tank Name フィールドを空の値に設定します
  • SG Desktop で次の操作を行います。

    • プロジェクト リストに移動する
    • セットアップするプロジェクトを選択する
    • これでプロジェクト セットアップ プロセスを再び実行できます

オプション 2: --force を使用してコマンド ラインからプロジェクト セットアップを実行します

  • ターミナルを開きます
  • サイト設定ディレクトリに cd を設定します。 既定では、次の場所に格納されています
    • Shotgun の統合を使用している場合
      • Mac: ~/Library/Caches/Shotgun/<your_site_name>/site.basic.desktop/cfg
      • Windows: %APPDATA%\Shotgun\<your_site_name>\site.basic.desktop/cfg
      • Linux: ~/.shotgun/<your_site_name>/site.basic.desktop/cfg
    • Toolkit プラットフォームを使用している場合
      • Mac: ~/Library/Application Support/Shotgun/<your_site_url>/site
      • Windows: %APPDATA%\Shotgun\<your_site_url>\site
      • Linux: ~/.shotgun/<your_site_url>/site
  • ./tank setup_project --force コマンドを実行します
  • 画面の指示を実行します
フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。