Nuke Studio - ショットをすばやく表示する

Open In Shotgun

Shotgun でトラック項目をショットとして表示するためのコンテキスト メニューを追加するアプリです。


作成: Shotgun Software
最新バージョン: v0.3.4 (製品)
バージョン番号は、セマンティック バージョニング基準に従っています。
システム名: tk-hiero-openinshotgun

概要

このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。詳細については、『Shotgun 統合ユーザ ガイド』を参照してください。これは、選択したトラック項目に関連する Shotgun のショットを検出し、ブラウザ ウィンドウの詳細ページを表示するシンプルなアプリです。

ドキュメント

このアプリはコンテキスト メニューを Hiero スプレッドシートとタイムラインに追加するため、任意のトラック項目にショットがある場合は、Shotgun でこの任意のトラック項目を表示することができます。

通常このアプリを設定するには、Shotgun Engine for Nuke の環境設定に次のコードを追加して、Hiero のタイムラインとスプレッドシートのメニューにアプリを追加します。

    timeline_context_menu:
    - {app_instance: tk-hiero-openinshotgun, keep_in_menu: false, name: "Open in Shotgun", requires_selection: true}
    spreadsheet_context_menu:
    - {app_instance: tk-hiero-openinshotgun, keep_in_menu: false, name: "Open in Shotgun", requires_selection: true}

関連するアプリとドキュメント

Shotgun Export

このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。詳細については、『Shotgun 統合ユーザ ガイド』を参照してください。このアプリは、Nuke Studio シーケンスの書き出しに Shotgun 機能を追加します。これにより、テンプレートを使用してショットの出力パスを決定するための新しいプリセットが登録されます。これには Screening Room 用のプレートをパブリッシュし、Nuke Studio タグから Shotgun ショット ステータスやショット タスク テンプレートへのマッピングを設定するための、Shotgun 対応のトランスコード ステップが含まれます。書き出し時、Shotgun のショットは更新され、スキーマで設定されたとおりにディスク上に完全なフォルダ構造が作成されます。

インストールと更新

Shotgun Pipeline Toolkit にこのアプリを追加する

Project XYZ にこのアプリを追加するには、asset という名前の環境で次のコマンドを実行します。

> tank Project XYZ install_app asset tk-hiero tk-hiero-openinshotgun

最新バージョンに更新する

この項目が既にプロジェクトにインストールされている場合に最新バージョンを取得するには、update コマンドを実行します。特定のプロジェクトに含まれている tank コマンドに移動し、そこでこのコマンドを実行します。

> cd /my_tank_configs/project_xyz
> ./tank updates

または、tank コマンドを実行し、プロジェクトの名前を指定して、更新チェックを実行するプロジェクトを指定します。

> tank Project XYZ updates

コラボレーションと発展

Shotgun Pipeline Toolkit にアクセスできる場合は、すべてのアプリ、エンジン、およびフレームワークのソース コードにも Github からアクセスできます。これらは Github を使用して格納および管理しています。これらの項目は自由に発展させてください。さらなる独立した開発用の基盤として使用したり、変更を加えたり(その際はプル リクエストを送信してください)、 いろいろと研究してビルドの方法やツールキットの動作を確認してください。このコード リポジトリには、https://github.com/shotgunsoftware/tk-hiero-openinshotgun からアクセスできます。

特殊な要件

    環境設定

    設定は不要です。

    この項目には設定するオプションがありません。

    フォローする

    0 コメント

    ログインしてコメントを残してください。