統合ドキュメント インデックス

概要とスタートアップ

このセクションでは、Shotgun Pipeline Toolkit を始めるのに役立つさまざまなドキュメントについて説明します。 これは、Shotgun Pipeline Toolkit の詳細、仕組み、パイプラインとツールを Shotgun に統合する方法を学習する場合に最適です。

Shotgun Pipeline Toolkit の概要

Shotgun Pipeline Toolkit (sgtk) は、アーティストと開発者用に設計および開発されたパイプライン ツールとビルディング ブロックのスイートで、すべてのユーザがアクセスできます。 Shotgun の既存ユーザは Sgtk の公開ベータ版を現在入手可能です。

サンプル ビデオ

Shotgun Pipeline Toolkit を異なるアプリケーション環境に統合する方法を説明したサンプル ビデオのコレクションです。 Maya または Nuke で Shotgun がどのように表示されるか知りたいですか? それではこのドキュメントを詳しく見て行きましょう。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 詳細については、『Shotgun 統合ユーザ ガイド』を参照してください。

Shotgun Desktop をインストールして最初のツールキット プロジェクトを作成する

Shotgun Pipeline Toolkit の詳細について学習しましょう。 このドキュメントでは、Shotgun Desktop をインストールして最初のツールキット プロジェクトをセットアップする方法について、簡単かつ具体的に説明します。

最初のプロジェクトの作成後

ここでは、Shotgun Desktop を使用して最初のプロジェクトを設定および実行した後の作業について説明します。 ここには、よくある質問、トピック、役に立つドキュメントが掲載されています。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 詳細については、『Shotgun 統合ユーザ ガイド』を参照してください。

Shotgun Pipeline Toolkit のさまざまなコンセプトの概要です。

ここでは、アプリケーションとエンジンの仕組み、Toolkit の起動方法と現在のコンテキスト(作業領域)の管理方法、ディスク上にフォルダを作成する方法など、主要なコンセプトについて詳細に説明します。 環境設定と開発に関与するユーザはここから始めることをお勧めします。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 詳細については、『Shotgun 統合管理者ガイド』を参照してください。

このセクションでは、さまざまなワークフローとセットアップで Shotgun Pipeline Toolkit のアプリケーションを使用する方法について、いくつかの例を紹介します。 通常、Toolkit のアプリケーションは高度に設定可能なため、同じアプリケーションを複数の異なる方法で使用することができます。 このセクションでは、Shotgun パイプライン コミュニティで頻繁にリクエストされるチュートリアルとワークフローの例を紹介します。

Maya から Alembic をパブリッシュする

このチュートリアルでは、Maya からジオメトリのグループをパブリッシュする場合に Alembic ファイルを書き出せるように Multi Publish を設定する方法について説明します。

Toolkit Pipeline のチュートリアル

このドキュメントには、高度な方法で Toolkit を使用してシンプルなエンドツーエンドのパイプラインをセットアップする、テクニカル ディレクタ(TD)向けの段階的なチュートリアルを用意しています。 このチュートリアルを終了した新しい Toolkit ユーザは、プラットフォームの基本的な要素と貴社固有のニーズに基づいたカスタマイズの方法を習得できます。 また、すぐに使用できる Toolkit アプリケーションと、アーティストのワークフローに合わせた利用方法についても紹介します。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 詳細については、『Shotgun 統合ユーザ ガイド』を参照してください。

Perforce 統合

このドキュメントは、Toolkit の Perforce 統合、その説明、対象読者、および実装方法の概要について説明します。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 詳細については、『Shotgun 統合管理者ガイド』を参照してください。

テクニカル ドキュメント

このセクションには、スタジオの環境と連携するように Shotgun Pipeline Toolkit を調整する方法や、Sgtk のアプリケーションと統合を独自にカスタマイズする方法を学習する場合に役立つ技術的な詳細情報が含まれます。

Toolkit の管理方法と設定方法

このドキュメントでは、設定と管理に関する一部の詳細について説明します。 アプリケーションの更新方法とインストール方法、環境動作、製品のインストール前にサンドボックス環境で新バージョンのアプリケーションと Core API をテストする方法について説明します。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 既定の設定については、『Shotgun 統合管理者ガイド』を参照してください。

設定のステージングとロールアウト

このドキュメントでは、制作パイプラインに変更を安全に展開する方法に関するベスト プラクティスについて説明します。 運用環境のコピーであるステージングのサンドボックスを作成する方法、このサンドボックスを更新する方法、テスト方法、最後に運用環境に変更を反映する方法について説明します。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 詳細なセットアップについては、『Shotgun 統合管理者ガイド』を参照してください。

アプリケーション開発を始める

このセクションでは、アプリケーション開発に関する概要と、Shotgun Pipeline Toolkit によって新しいツールの開発を簡素化する方法について説明します。

エンジン開発

エンジン開発はどのように行われ、アプリケーションと Toolkit を統合する場合には何が必要になるのでしょうか? このドキュメントでは、エンジン開発に関して寄せられるいくつかの基本的な質問を取り上げます。

リファレンス ドキュメント

このセクションには、Shotgun Pipeline Toolkit のすべての API リファレンス ドキュメントが含まれています。 このドキュメントには Shotgun Pipeline Toolkit Core API の最新のリリースが反映されています。

ファイル システム設定リファレンス

このドキュメントは、Shotgun Pipeline Toolkit のファイル システム中心の環境設定に関する完全なリファレンスです。 テンプレート システムの仕組みと利用可能なオプションについて説明します。 また、フォルダ作成の設定に追加できるすべてのパラメータについても説明します。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 詳細については、『Shotgun 統合管理者ガイド』を参照してください。

アプリケーションとエンジン設定のリファレンス

このドキュメントでは、Shotgun Pipeline Toolkit でアプリケーション、エンジン、フレームワークの環境設定を作成する場合に追加できるさまざまなすべてのオプションの概要について説明します。 アプリケーションの高度な設定を作成する場合に便利で、開発する場合とパラメータをアプリケーション設定マニフェストに追加する必要がある場合に重要です。
このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。 詳細については、『Shotgun 統合管理者ガイド』を参照してください。

Core API リファレンス

これは Toolkit Core API のリファレンス ドキュメントです。 コンテキスト、フォルダ作成、ファイル システム テンプレート、解像度、一般的な管理、メンテナンス機能など、アプリケーションやエンジンに関連しない API について説明します。

プラットフォーム API リファレンス

このリファレンスでは、アプリケーションとエンジンの開発に関連するすべてのメソッドとクラスについて説明します。 これは独自のアプリケーションまたはエンジンを開発する場合に便利です。

Core API リリース ノート

これは Toolkit Core API のリリース ノートです。 新しいバージョンをリリースした場合は、ここに変更内容を追加します。

Shotgun Desktop リリース ノート

これは Shotgun Desktop のリリース ノートです。 新しいバージョンをリリースした場合は、ここに変更内容を追加します。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。