コマンド ライン アクティベーション

コマンド ラインから Toolkit をアクティブ化する

このドキュメントは、Toolkit の設定を管理するユーザのみが使用可能な機能について説明します。詳細については、『Shotgun 統合ユーザ ガイド』を参照してください。Shotgun Desktop のリリース前は、コマンド ライン スクリプトを使用して Toolkit のインストールとセットアップを行っていました。何らかの理由で、新しい正式な UI ベースのプロセスではなく、この従来のプロセスを使用する場合に備えて、ここではその方法について説明します。

目次:

はじめに

      動作環境

      技術的な要素

Shotgun サイトで Toolkit をアクティブ化する

      手順 1. Shotgun サイトを確認する

      手順 2. Toolkit を必ず有効にする

      手順 3. サンプルをインストールするディスク上の場所

      手順 4. サイト用の Shotgun API の「Toolkit」スクリプトを作成する

      手順 5. 「primary」という名前のローカル ファイル ストレージをセットアップする

      手順 6. 一部の Shotgun UI レイアウトを調整する

      手順 7. Shotgun ブラウザ プラグインをインストールする

      手順 8. アクティベーション スクリプトを実行する

      アクティベーションの完了

最初のプロジェクトをセットアップする

      プロジェクト セットアップ スクリプトを実行する

      セットアップ後のディスク構造

      アプリとエンジンの最新バージョンを確認する

次の手順

はじめに

このドキュメントでは、コマンド ライン ベースのアクティベーション スクリプトを使用して、Shotgun Pipeline Toolkit をインストールして最初のセットアップを設定する方法について説明します。

注:多くの場合、Toolkit のアクティブ化には Shotgun Desktop を使用することを強くお勧めします。このドキュメントでは、Shotgun Desktop リリース前に使用されていたコマンド ライン ベースのセットアップ ワークフローについて説明します。何らかの理由で Shotgun Desktop を使用して開始できない場合、次の手順が役に立つことがあります。

動作環境

簡単に言うと、Shotgun Pipeline Toolkit を実行するには、次の条件が必要です。

  • ローカルまたはホストにある Shotgun サイト Shotgun をまだインストールしていない場合は、http://www.shotgunsoftware.com から無料の評価版を入手できます。
  • オペレーティング システムとして Windows、Linux、または Mac OSX を使用する必要があります。
  • Python v2.6 以降(ただし、v3.x を除く)をインストール。

Windows に Python をインストールする(クリックして展開)

Linux と Mac OSX の Python はシステムに含まれています。Windows では Python を自分でインストールする必要があります。64 ビット Python 2.7 を使用することをお勧めします。インストーラは次の URL から入手できます。http://www.python.org/ftp/python/2.7.5/python-2.7.5.amd64.msi

技術的な要素

Shotgun Toolkit のインストールにはまだ技術的な要素が多く、コマンド ラインを操作して、設定ファイルを手動で編集する必要があります。対象者はパイプラインの開発者です。既定の設定を使用する場合、インストールに必要な時間は約 20 分です。

Shotgun サイトで Toolkit をアクティブ化する

最初に Shotgun Pipeline Toolkit をアクティブ化します。Toolkit をアクティブ化すると、Toolkit で Shotgun プロジェクトをセットアップしたり、Toolkit にアプリをインストールしたりできるようになります。この最初のアクティベーション手順にはさまざまな操作が含まれます。使用するマシンへの Core Pipeline Toolkit API のインストール、Shotgun 内の設定の調整、ブラウザで動作する Shotgun、Toolkit、Toolkit が動作するさまざまなアプリケーション間の架け橋として動作する Shotgun ブラウザ プラグインのインストールなどです。

手順 1. Shotgun サイトを確認する

Shotgun サイトのアドレスの最後が shotgunstudio.com になっていますか? その場合は正解です。すべての設定と、Toolkit セットアップの準備が完了しています。手順 2 に進んでください。

それ以外の場合は、サポート サイトまでご連絡ください。サイトで Toolkit の準備がすべて完了していない可能性があります。続行する前に Shotgun チームが参加して、多少の調整が必要な場合があります。

手順 2. Toolkit を必ず有効にする

何か操作する前に、Shotgun 内の Toolkit のサポートが実際にオンになっていることを確認します。そのためには、管理者としてログインし、[アプリを管理](Manage Apps)メニューを選択して、Toolkit の横にあるスイッチ アイコンをクリックします。

手順 3. サンプルをインストールするディスク上の場所

Shotgun Pipeline Toolkit は高度に設定可能で、既存の Studio ファイル システム構造と一致するように設定できます。最初のテスト インストールでは、簡単なテスト構造の使用をお勧めします。このセットアップで使用するディスク上の場所は主に 3 つあります。

  • プロジェクト データの root は /mnt/projects です。すべてのプロジェクトの全プロダクション データが保存されます。ここには、Maya のシーン、レンダリング、Nuke のスクリプト、イメージが含まれます。続行する前に、このフォルダがディスク上に存在していることを確認します。

  • Studio の root は /mnt/software/shotgun/studio です。Shotgun Pipeline Toolkit の Core API がインストールされます。

  • 設定は /mnt/software/shotgun 内に含まれます。プロジェクトごとに 1 つの設定フォルダが作成されます。続行する前に、このフォルダがディスク上に存在していることを確認します。

上記の場所を使用する必要はありません。ディスクのどこに保存するかは完全にユーザ次第です。インストール プロセスですべてのファイルの場所を指定するように求められます。このドキュメントの残りの部分では、上記の場所を使用することを前提としています。

Windows 上で実行している場合、ドライブ文字のプリフィックス(c:\mnt\projectsz:\mnt\projects など)以外は同じ設定を使用することをお勧めします。

手順 4. サイト用の Shotgun API の「Toolkit」スクリプトを作成する

次の手順では、Shotgun 内で API スクリプトを作成します。このスクリプトは、Pipeline Toolkit が Shotgun と接続する必要がある場合に Pipeline Toolkit で使用されます。Shotgun サーバとの接続を確立する場合に、アクティベーション スクリプトで要求されます。

管理者としてログインし、右上のメイン メニューを使用して、Shotgun の Scripts ページに移動し、Toolkit (T は大文字) という名前の新しいスクリプトを作成する必要があります。権限グループ API Admin に属していることを確認します。

Shotgun で新しい API スクリプトを作成すると、使用時に必要になるランダムな認証キーが生成されます。Pipeline Toolkit のアクティベーション スクリプトは、インストール プロセスの一部としてこのスクリプト キーを要求するため、ここでは API スクリプトの詳細ページに移動し、その値をクリップボードにコピーしておくことをお勧めします。

手順 5. 「primary」という名前のローカル ファイル ストレージをセットアップする

ここでは、ディスク上のファイルの保存場所を Shotgun に指定する必要があります。手順 1 の推奨設定では、すべてのプロダクション データを保存するディスク上の場所に /mnt/projects を指定しました。これから Shotgun でこの場所を登録します。登録するには、Shotgun でローカル ストレージを設定します。そのためには、[サイト基本設定](Site Preferences)に移動し(Shotgun に管理者としてログインしておく必要があります)、[ファイル管理](File Management)タブを展開します。primary (p は小文字)という名前のストレージを追加し、下図のようなパスを設定します。

この primary ストレージは、Toolkit 評価を開始する際の標準設定で必要になります。

その後、独自の Studio 設定をセットアップする場合、この設定を変更および再定義したり、複数のストレージを使用する設定を作成することができます。これは、テクスチャ、レンダリング、作業ファイルなどが異なるマウント ポイントやドライブ名に保存されている場合に役立ちます。

手順 6. 一部の Shotgun UI レイアウトを調整する

ここでは、Shotgun UI を少し調整します。ファイルをパブリッシュすると、Shotgun Pipeline Toolkit はパブリッシュ エンティティを作成するため、ショットやアセットなどのキー アセットに Publishes タブを簡単に追加できます。このためには、管理者ユーザとしてログインする必要があります。アセットまたはショットを選択し、[デザイン モード](Design Mode)を選択して開始します。

ここで、タブ上の小さな三角形のメニューをクリックし、[新しいタブを追加](Add New Tab)アクションを選択します。これでダイアログ UI が表示されます。[パブリッシュ](Publishes)タブを呼び出し、[パブリッシュ ファイル](Published File)エンティティと関連付けられていることを確認します。

ここで Save をクリックして変更内容を保存します。設定がすべて完了しました。

注: 新しいタブを作成すると、Shotgun は取り込むいくつかの既定のフィールドを選択します。パブリッシュ用にいくつかのフィールドを追加する場合があります。このためには、新しいパブリッシュ タブの下に表示されるスプレッドシートの右上隅にある小さなプラス ボタンをクリックします。次のフィールドを追加することをお勧めします。

  • [説明](Description): このパブリッシュの変更に関する説明が表示されます
  • [作成者](Created By): パブリッシュを作成したユーザ
  • [作成日](Date Created): パブリッシュが作成された日付

レイアウトを変更する場合は、後でページを忘れずに保存してください。

手順 7. Shotgun ブラウザ プラグインをインストールする

この Toolkit を使用すると、Shotgun 内でコマンドを実行できます。たとえば、タスクの 1 つを選択して右クリックし、Launch Maya を選択すると、Maya が起動し、特定のタスクで動作するように事前設定できます。このために、Shotgun Pipeline Toolkit は、Shotgun と Toolkit との通信を管理する特別なブラウザ プラグインを使用します。このプラグインはこの時点でインストールすることをお勧めします。ソースとインストーラの両方の詳細については、https://github.com/shotgunsoftware/browser-plugin を参照してください。

注: Shotgun をローカルにインストールする場合、たとえば、Shotgun サイトの URL の最後が shotgunstudio.com にならない場合、ブラウザ プラグインをインストールするときにいくつかの手順を追加する必要があります。詳細については、https://github.com/shotgunsoftware/browser-plugin#security を参照してください。

Java の注意事項(クリックして展開)

これまでは、Shotgun と Toolkit 間の通信を管理するために Java アプレットを使用していました。Java はまだ使用することができます。ブラウザ プラグインをインストールしていない場合、Shotgun は以前のように Java アプレットを自動的に使用します。ただし、これは廃止予定であるため、より高速で信頼性に優れたブラウザ プラグインを使用することを強くお勧めします。

詳細については、http://blog.shotgunsoftware.com/2013/03/no-more-java.html のブログの内容を参照してください。

手順 8. アクティベーション スクリプトを実行する

これですべての設定が完了し、開始できます。Pipeline Toolkit アクティベーション スクリプトをダウンロードおよび実行することをお勧めします。このスクリプトはコマンド ラインから実行する小型の Python スクリプトです。ディスク上の基本フォルダ構造をセットアップし、App Store から Shotgun Pipeline Toolkit API をダウンロードします。

クリックして Shotgun Pipeline Toolkit アクティベーション パッケージをダウンロードします。

アクティベーション パッケージをダウンロードする前に、次の Shotgun のサービス利用規約を確認して同意してください。

Shotgun のサービス利用規約

By using the Shotgun Platform, including Toolkit, Screening Room or any other plugin or application ("Service"), all services of Shotgun Software, Inc. ("Shotgun"), you ("Customer", "You" or "Your") agree to be bound by the following terms and conditions ("Terms of Service"). Any new features that augment or enhance the Service, including the release of new tools and resources, shall be subject to the Terms of Service.

サービスの利用

You understand that Service may contain bugs. You understand and accept that there are risks involved in using Service and that managing these risks are your responsibility.

評価

  1. During the term of free use of Service ("Evaluation Period"), You shall:
    • have no obligation to purchase Service;
    • not copy the Service;
    • not perform any reverse compiling or reverse engineering on the Service; and
    • exercise a reasonable degree of care in protecting the Service from unauthorized use.
  2. Your use rights under these Terms of Service shall terminate at the end of the Evaluation Period.
  3. If You do not elect to purchase the Service from Shotgun after Evaluation Period, all of Your obligations under these Terms of Service shall terminate, except for those relating to the protection of Shotgun's intellectual property, including trade secrets, which shall constitute a continuing obligation.
  4. In the event that You neglect or fail to perform or observe any of Your obligations under these Terms of Service, Shotgun may immediately terminate Service and all user rights granted hereunder.
  5. The Service and all proprietary information and title relating thereto, including but not limited to patents, patent applications, copyrights, trademarks, trade secrets, and accompanying documentation shall remain the property of Shotgun.

基本事項

  1. You are responsible for maintaining the security of your account and password. Shotgun cannot and will not be liable for any loss or damage from your failure to comply with this security obligation.
  2. You are responsible for all Content posted and activity that occurs under your account.
  3. You may not use the Service for any illegal or unauthorized purpose. You must not, in the use of the Service, violate any laws in your jurisdiction.
  4. Violation of any of these Terms of Services will result in the termination of your Account. You agree to use the Service at your own risk.

支払い、払い戻し、アップグレード、およびダウングレードの条件

  1. Payment is required in advance on a monthly basis (excluding Evaluation Periods). Other payment offers may be made by Shotgun, including a discount for advance payment of multiple future periods.
  2. All fees are exclusive of taxes, levies, or duties imposed by taxing authorities. The Service offered by Shotgun does not include any tangible goods, nor is Service ever delivered by means of any tangible media.

キャンセルと終了

  1. You are solely responsible for properly canceling your paid account. For paid accounts and free evaluations, if you wish to preserve your content, you are solely responsible for exporting / archiving such content from the Service to your local storage media, prior to cancellation or end of evaluation. All of your Content will be deleted from the Service after cancellation or the end of an evaluation.
  2. Shotgun, in its sole discretion, has the right to suspend or terminate your account and refuse any and all current or future use of the Service, or any other Shotgun service, for any reason at any time, with two weeks notice. Upon expiry of the two week notice period of the Service will result in the deactivation or deletion of your Account and its content.
  3. You may cancel Service at any time from your billing and accounts center, found at https://shotgunsoftware.com/accounts or by giving notice to Shotgun. Shotgun will reimburse you for unexpired portions of any period(s) for which you have paid in advance, and you will not be charged again.

サービスと価格の変更

  1. Shotgun reserves the right to improve, add, modify or discontinue certain features or parts of Service, temporarily or permanently. Shotgun will make reasonable efforts to give advance warning of any significant changes. Customers that are self-hosted may elect to not be updated to the latest version, or upon request may 'roll back' to a previous version, always provided that the previous version is still supported.
  2. Prices of Service are subject to change.
  3. Shotgun shall not be liable to you or to any third party for any modification, price change, suspension or discontinuance of Service.

サポート

  1. Our support team will try to exceed your expectations. サポート リクエストはいつでも送信できます。We will respond as soon as we can, usually within a day or less. If the issue is critical, put 'URGENT' in the subject and we'll fast-track it to the top of the queue and get back to you within the hour. Our official support hours are 9am to 6pm PST, but we do our best to respond even outside of those hours.

更新

  1. Each Sunday morning at 5:00AM GMT, the Service will be unavailable during a maintenance window which usually lasts 5-10 minutes, but on occasion longer periods may be required. In all cases, we'll keep it as short as possible. Our uptime approaches 99.99% on most months, and we're working to make this even better!

フィードバック、著作権、およびコンテンツの所有権

  1. We claim no intellectual property rights over the material or content you use in connection with the Service. Your profile and content uploaded or entered by you remain yours. However, you agree that ideas, suggestions, and/or feature requests that pertain the Service ("Feedback") shall be owned by Shotgun and shall be the sole property of Shotgun, with Shotgun having the right to obtain and hold in its own name all intellectual property rights in and to such Feedback.
  2. The computer code, documentation, visual design and "look and feel" of the Service are property of Shotgun Software Inc., copyright 2006-Present. All rights reserved. Shotgun Software (R) is a Registered Trademark. You may not duplicate, copy, or reuse any portion of any of these elements without express written permission from Shotgun.

寄与の譲渡

  1. If You contribute any software code, documentation, and/or other materials to Shotgun ("Contributions"), You agree that by doing so you assign all rights, interest, and title to Shotgun; and Shotgun agrees to grant You a non-exclusive right to continue to modify and use Your Contributions for Your non-commercial or internal business purposes.
  2. You agree to only give Contributions of which you are the sole copyright holder and owner.
  3. You acknowledge that Shotgun may elect to distribute the Contributions on any basis, including under any proprietary or open-source licensing terms.
  4. You agree that if you have or acquire any patent or other intellectual property interest dominating Contributions, such dominating interest will not be used to undermine the effect of the assignment set forth above. Accordingly, Shotgun and licensees are licensed to make, use, sell, distribute, and otherwise exploit Contributions and their future versions and derivative works without royalty or limitation. This provision will be binding on Your assignees and/or successors.

普通約款

  1. Your use of the Service is at your sole risk. The Service is provided on an as is and as available basis.
  2. Technical support is only provided to paying account holders or authorized evaluation users. If the application is hosted by Customer, Customer agrees to use Shotgun's secure Virtual Private Networking (VPN) connection. This connection will allow Shotgun personnel to access the server in order to perform support, maintenance, and upgrades.
  3. You understand that Shotgun uses third party vendors and hosting partners to provide the necessary hardware, software, networking, and related technology required to run the Service.
  4. You must not modify, adapt or hack the Service or modify another website so as to falsely imply that it is associated with the Service, Shotgun, or any other Shotgun service or product.
  5. You agree not to reproduce, duplicate, copy, sell, resell or exploit any portion of the Service, use of the Service, or access to the Service without the express written permission by Shotgun. And Shotgun agrees not to duplicate, reproduce, copy, sell, resell, license or exploit any of your content in any way in whole or in part whatsoever, except for duplications of data in connection with backup and recovery procedures.
  6. We may, (but have no obligation to), upon reasonable notice, remove Content and Accounts containing Content that we determine in our sole discretion are unlawful, or violates any party's intellectual property or these Terms of Service.
  7. Verbal, physical, written or other abuse (including threats of abuse or retribution) of any Shotgun customer, employee, member, or officer will result in immediate termination of Service.
  8. You understand that the technical processing and transmission of the Service, including your Content, may be transferred unencrypted and involve (a.) transmissions over various networks; and (b.) changes to conform and adapt to technical requirements of connecting networks or devices.

  9. You must not knowingly upload any content which contains any worms or viruses or any code of a destructive nature.

  10. In severe/extreme cases of abnormal bandwidth use, we reserve the right to throttle your file or image hosting until you can reduce your bandwidth consumption.
  11. Shotgun does not warrant that (a.) the Service will meet your specific requirements, (b.) the Service will be uninterrupted, timely, secure, or error-free, (c.) the results that may be obtained from the use of the Service will be accurate or reliable, (d.) the quality of any products, services, information, or other material purchased or obtained by you through the Service will meet your expectations, and (e.) any errors in the Service will be corrected.

  12. Both Parties (You and Shotgun) expressly understand and agree that the other shall not be liable for any direct, indirect, incidental, special, consequential or exemplary damages, including but not limited to, damages for loss of profits, goodwill, use, data or other intangible losses (even if party has been advised of the possibility of such damages), resulting from: (a.) the use or the inability to use the Service; (b.) the cost of procurement of substitute goods and services resulting from any goods, data, information or services purchased or obtained or messages received or transactions entered into through or from the Service; (c.) unauthorized access to or alteration of your transmissions or data; (d.) statements or conduct of any third party on the Service; (e.) termination of Service; or (f.) any other matter relating to the Service.

  13. Both Parties agree that the total aggregate liability to the other for damages in connection with Service or any other materials provided hereunder, regardless of the form action giving rise to such liability (under any theory, whether in contract, tort, statutory or otherwise) shall not exceed the aggregate fees paid by Customer to Shotgun.

  14. The failure of Shotgun or you to exercise or enforce any right or provision of the Terms of Service shall not constitute a waiver of such right or provision. The Terms of Service constitutes the entire agreement between you and Shotgun and govern your use of the Service, superceding any prior agreements between you and Shotgun (including, but not limited to, any prior versions of the Terms of Service).
  15. Questions about the Terms of Service should be sent to accounts@shotgunsoftware.com.
  16. Reservation of Rights. Except as otherwise expressly provided herein, nothing in these Terms of Service shall be deemed to grant either party, directly or by implication, estoppel or otherwise, any right or license with respect to any technology or other intellectual property rights, and each party retains all right, title and interest in and to their respective technologies and other intellectual property rights.
  17. Confidentiality. By virtue of these Terms of Service, the parties may have access to information that is confidential to one another (Confidential Information). For purposes of these Terms of Service, Confidential Information of a party means information, ideas, materials or other subject matter of such party, whether disclosed orally, in writing or otherwise, that is provided under circumstances reasonably indicating that it is confidential or proprietary. Confidential Information includes, without limitation, the terms and conditions of these Terms of Service; all business plans, technical information or data, product ideas, methodologies, calculation algorithms and analytical routines; and all personnel, customer, contracts and financial information or materials disclosed or otherwise provided by such party (Disclosing Party) to the other party (Receiving Party). Confidential Information does not include that which (a) is already in the Receiving Party's possession at the time of disclosure to the Receiving Party, (b) is or becomes part of public knowledge other than as a result of any action or inaction of the Receiving Party, (c) is obtained by the Receiving Party from an unrelated third party without a duty of confidentiality, or (d) is independently developed by the Receiving Party. Without limiting the generality of, and notwithstanding the exclusions described in, the foregoing, Confidential Information of Shotgun includes the Service, including any portion thereof (in both object code and source code form), and the Feedback, and any modifications and derivatives to the Service and Feedback, and any information or materials derived there from, whether or not marked as such.
  18. Restrictions on Use. The Receiving Party shall not use Confidential Information of the Disclosing Party for any purpose other than in furtherance of these Terms of Service and the activities described herein. The Receiving Party shall not disclose Confidential Information of the Disclosing Party to any third parties except as otherwise permitted hereunder. The Receiving Party may disclose Confidential Information of the Disclosing Party only to those employees or consultants who have a need to know such Confidential Information and who are bound to retain the confidentiality thereof under provisions (including, without limitation, provisions relating to nonuse and nondisclosure) no less restrictive than those required by the Receiving Party for its own Confidential Information. The Receiving Party shall maintain Confidential Information of the Disclosing Party with at least the same degree of care it uses to protect its own proprietary information of a similar nature or sensitivity, but no less than reasonable care under the circumstances. Each party shall advise the other party in writing of any misappropriation or misuse of Confidential Information of the other party of which the notifying party becomes aware.
  19. Exclusions. Notwithstanding the foregoing, these Terms of Service shall not prevent the Receiving Party from disclosing Confidential Information of the Disclosing Party to the extent required by a judicial order or other legal obligation, provided that, in such event, the Receiving Party shall promptly notify the Disclosing Party to allow intervention (and shall cooperate with the Disclosing Party at the Disclosing Party's sole cost and expense) to contest or minimize the scope of the disclosure (including application for a protective order). Further, each party may disclose the terms and conditions of these Terms of Service: (a) as required by the applicable securities laws, including, without limitation, requirements to file a copy of these Terms of Service (redacted to the extent reasonably permitted by applicable law) or to disclose information regarding the provisions hereof or performance hereunder to applicable regulatory authorities; (b) in confidence, to legal counsel; (c) in confidence, to accountants, banks, and financing sources and their advisors; and (d) in connection with the enforcement of these Terms of Service or any rights hereunder.
  20. Source Code. With respect to any source code provided by Shotgun to Customer, such source code shall be subject to all of the obligations of these Terms of Service including the following additional restrictions on use and disclosure: (a) Customer shall allow use of or access to the source code only by employees or contractors of Customer who have a need to use the source code for exercise of Customers rights with respect to the source code as set forth in these Terms of Service, and who are bound to retain the confidentiality thereof under written non-disclosure agreements that include provisions (including, without limitation, provisions relating to nonuse and nondisclosure) no less restrictive than those required under these Terms of Service; (b) Customer shall maintain and use the source code only in secure, locked facilities to which access is limited to the employees or contractors set forth in subsection (a) above; (c) for source code that is useable or stored on any computer equipment (whether a multi-user system, network, stand-alone computer or otherwise), the equipment must have password-based access control, with each user having a unique user identification and associated password; (d) Customer shall use, and shall allow use of and access to, the source code only at its facilities; and (e) Customer shall maintain a record of all personnel who use or have access to the source code, the number of copies made, if any, of the source code, and the computer equipment and storage media on which the source code is used or stored.
  21. Equitable Relief. Each party (as Receiving Party) acknowledges that the Disclosing Party considers its Confidential Information to contain trade secrets of the Disclosing Party and that any unauthorized use or disclosure of such information would cause the Disclosing Party irreparable harm for which remedies at law would be inadequate. Accordingly, each party (as Receiving Party) acknowledges and agrees that the Disclosing Party will be entitled, in addition to any other remedies available to it at law or in equity, to the issuance of injunctive relief, without bond, enjoining any breach or threatened breach of the Receiving Party's obligations hereunder with respect to the Confidential Information of the Disclosing Party, and such further relief as any court of competent jurisdiction may deem just and proper.
  22. Severability of any provision of these Terms of Service is held by a court of competent jurisdiction to be unenforceable for any reason, the remaining provisions hereof and thereof shall be unaffected and remain in full force and effect.
  23. Governing Law. These Terms of Service are to be construed in accordance with and governed by the internal laws of the State of California without giving effect to any choice of law rule that would cause the application of the laws of any jurisdiction other than the internal laws of the State of California to the rights and duties of the parties. These Terms of Service shall not be governed by the U.N. Convention on Contracts for the International Sale of Goods, the application of which is expressly excluded.
  24. Disputes. If, at any time during the term of these Terms of Service, the parties have a disagreement, dispute, controversy or claim arising out of or relating to the interpretation or performance of these Terms of Service, or the alleged breach thereof (a Dispute), the parties shall in good faith attempt to resolve such Dispute. Any discussions between the parties in an effort to settle such Dispute shall be treated as compromise and settlement negotiations. If the parties cannot resolve the Dispute within thirty (30) days from the date on which the parties first met (either in person or by phone) as part of their good faith efforts to resolve such Dispute, such Dispute shall be submitted to a single arbitrator under the rules of the American Arbitration Association's Commercial Arbitration Rules and Procedures, as amended by the terms of these Terms of Service. The arbitration shall take place in the County of Los Angeles, State of California. The costs of the arbitration, including the fees and expenses of the arbitrator, shall be shared equally by the parties. The arbitration shall be conducted in strict confidence. The arbitrator's decision shall be based upon the substantive law of the State of California (exclusive of its choice of law principles) or applicable federal law (including federal arbitration law), in accordance with these Terms of Service. The arbitrator's decision shall follow the plain meaning of the relevant documents and shall be final and binding. The award may be confirmed and enforced in any court of competent jurisdiction. The arbitrator's power to award damages shall be limited by the terms of these Terms of Service.
  25. Indemnification. Each party (the Indemnitor) shall indemnify, defend and hold harmless the other party and its respective directors, officers, employees, agents and representatives (collectively, the Indemnitee) from any loss, liability, damage, award, settlement, judgment, fee, cost or expense arising out of or relating to any third-party claim, action, suit or proceeding that Indemnitor has breached these Terms of Service or its representations, warranties and covenants hereunder.
  26. Marketing and Promotions. Shotgun may, upon the prior approval of Customer (such approval not to be unreasonably withheld), use Customers name and a general description of the services that Shotgun provides to Customer for marketing purposes (including in connection with a list of Shotguns customers and for a case study highlighting Shotguns services). Shotgun shall obtain the Customer's prior written approval of any such materials prior to release.
  27. Remedies. All rights and remedies hereunder shall be cumulative, may be exercised singularly or concurrently and, unless otherwise stated herein, shall not be deemed exclusive.
  28. Force Majeure. Both parties shall be excused from performance under these Terms of Service and any related Statement of Work for any period to the extent that a party is prevented from performing any obligation, in whole or in part, as a result of causes beyond its reasonable control and without its negligent or willful misconduct, including, without limitation, acts of God, natural disasters, war or other hostilities, labor disputes, civil disturbances, governmental acts, orders or regulations, third party nonperformance, or failures or fluctuations in electrical power, heat, light, air conditioning or telecommunications equipment.
  29. Construction. The captions and section and paragraph headings used in these Terms of Service are inserted for convenience only and shall not affect the meaning or interpretation of these Terms of Service.
  30. Relationship of Parties. These Terms of Service shall not be construed as creating an agency, partnership, joint venture or any other form of association, for tax purposes or otherwise, between the parties, and the parties shall at all times be and remain independent contractors. Except as expressly agreed by the parties in writing, neither party shall have any right or authority, express or implied, to assume or create any obligation of any kind, or to make any representation or warranty, on behalf of the other party or to bind the other party in any respect whatsoever.
  31. Any notice required to be given to the hereunder, unless otherwise stated herein, shall be in writing and served upon the receiving party at their respective addresses herein stated (or to such addresses as they or either of them may hereafter designate) by facsimile, prepaid first class mail, courier service or by personal delivery thereof and shall be deemed to have arrived a) on day in respect of personal delivery; b) within forty eight hours of posting an inland letter and within six days of posting an overseas letter whether or not the letter enclosing the notice be actually delivered returned or otherwise: and c) in the case of facsimile, on the day of transmission provided such transmission occurs prior to 17:00 hours at local time of the recipient otherwise it shall be deemed received the following working day of the recipient.

(本ドキュメントは 2013 年 7 月 13 日時点の http://www.shotgunsoftware.com/terms を反映しています)

ここでターミナル ウィンドウ(または Windows 上の cmd.exe)を開き、アクティベーション スクリプトをダウンロードしたフォルダに移動してから、アクティベーション スクリプトを入力して実行します。

> python activate_shotgun_pipeline_toolkit.py

アクティベーション スクリプトの実行が始まります。さまざまな場所で情報の入力が求められます。完了すると、最初の Pipeline Toolkit プロジェクトを作成するすべての準備が整います。

Windows でコンソール(cmd.exe)を使用する(クリックして展開)

Windows では、スタート メニューを使用してコンソール セッションを開始し、アクティベーション スクリプトをダウンロードしたフォルダに移動して、この場所から Python を実行します。

インターネット接続にプロキシ サーバを使用する場合 (クリックして展開)

インターネット接続にプロキシ サーバを使用している場合、アクティベーション スクリプト(Toolkit の操作)が正しく機能しない場合があります。この場合、アクティベーション スクリプトを実行すると、特別な --sg-proxy パラメータを指定できます。詳細については、--help パラメータを含むアクティベーション スクリプトを実行してください。

アクティベーションの完了

アクティベーションはこれで完了です。お疲れ様でした。アクティベーション スクリプトのアドバイスに従ってメインのインストール フォルダに環境変数 PATH を追加することをお勧めします。これにより、tank コマンドにいつでもアクセスできるようになります。

環境変数 PATH に tank コマンドを追加する方法

たとえば、Linux/Mac OSX を実行し、上記で推奨された既定の場所を使用している場合、スタートアップ ファイル(bash を使用していると仮定)に次のコマンドを追加する際に問題が発生するとします。

export PATH=$PATH:/mnt/software/shotgun/studio

シェルの任意の場所に tank と入力するだけで、Toolkit にアクセスできます。

Windows を使用している場合は、特別な UI を使用して環境変数を変更できます。

  1. デスクトップから[マイ コンピューター]を右クリックして[プロパティ]をクリックします。
  2. [システムのプロパティ]ウィンドウで、[詳細設定]タブをクリックします。
  3. [詳細設定]タブで[環境変数]ボタンをクリックします。
  4. 最後に、[環境変数]ウィンドウで、[システム環境変数]セクションの Path 変数を選択して[編集]ボタンをクリックします。それぞれのフォルダは次のようにセミコロンで区切ります。C:\Program Files;C:\Winnt;C:\Winnt\System32Toolkit を c:\mnt\software\shotgun\studio にインストールしている場合は、既存のパスの最後にこれを追加します。上記の例では、C:\Program Files;C:\Winnt;C:\Winnt\System32;c:\mnt\software\shotgun\studio となります。

このドキュメントの次の手順では、Shotgun Pipeline Toolkit で使用するプロジェクトをセットアップします。方法については、以降の内容を確認してください。

最初のプロジェクトをセットアップする

Shotgun Pipeline Toolkit をアクティブ化したら、最初のプロジェクトを作成することをお勧めします。それには、Shotgun 内の既存のプロジェクトを取得してファイル システムに拡張する setup_project コマンドを実行するだけです。まずは使用する設定テンプレートを指定する必要があります。この設定テンプレートには、アプリとエンジンで使用するすべての設定、ファイル システムを構築する方法、部門ごとに設定を変更する方法が含まれます。最初のセットアップでは、最新のアプリとエンジンを組み合わせた既定の設定を使用することをお勧めします。将来的には、既存のプロジェクトから設定を選択してパイプラインの設定を発展させることをお勧めします。この方法を使用すると、あるプロジェクトで設定を変更して改良を加えると、これはそのプロジェクトだけでなく、その後すべてのプロジェクトに反映されます。

プロジェクト セットアップ スクリプトを実行する

新しいプロジェクトを作成するには、アクティベーションの一部としてインストールされた tank コマンドを使用します。setup_project パラメータを使用して次のように実行します。

> /mnt/software/shotgun/studio/tank setup_project

Windows では、次のようになります。

> c:\mnt\software\shotgun\studio\tank setup_project

このコマンドは、新しいプロジェクトをセットアップし、このプロジェクトの Toolkit を実行するために必要なすべての作業を実行してくれます。このセットアップ例では、プロジェクト セットアップ スクリプトが推奨する既定値を使用するだけです。通常は、情報の入力が求められたら[Enter]を押して操作します。

セットアップ後のディスク構造

プロジェクトのセットアップが完了すると、ディスク上に次の構造が作成されます。

各設定領域には独自の tank コマンドが用意されます。これは、プロジェクトのステージングや開発用のサンドボックスを作成し、メインのプロジェクト環境ではなく、そこで何かを行う場合に便利です。

アプリとエンジンの最新バージョンを確認する

新しいプロジェクトのセットアップに使用されるスターター設定には、特定のアプリ バージョンのセットが含まれています。アプリとエンジンは頻繁に更新されるため、Toolkit の更新の確認をすぐに実行することをお勧めします。このコマンドは、アプリとエンジンの最新バージョンをチェックして、これらをインストールするかどうかの確認を求めます。tank コマンドを PATH に追加している場合は、プロジェクト名(またはプロジェクト名の一部)の後ろに updates コマンドを指定してから実行します。

> /mnt/software/shotgun/studio/tank Project bunny updates
> c:\mnt\software\shotgun\studio\tank Project bunny updates

次のステップ

これで Shotgun Pipeline Toolkit のインストールと最初のプロジェクトのセットアップが完了しました。テスト ベッドが準備できたので、実験と検討を始めてみてください。開始前にすべてのアクションを確認するために、数分間を費やしてさまざまなウォークスルー ビデオを視聴することをお勧めします。このビデオでは、Shotgun Pipeline Toolkit の操作、Maya や Nuke などのアプリケーション内での動作について説明しています。また、パブリッシュ、バージョン管理、読み込みなどの基本的なコンセプトについても説明します。

さらに、Shotgun Pipeline Toolkit の概念と「概要」を説明した技術ドキュメントもあります。最初に Toolkit の操作を簡単に把握したら、自社固有のニーズに合わせて Toolkit を調整する方法について理解できるこのドキュメントを確認することをお勧めします。

質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。チケットを送信するだけです。

Big Buck Bunny - 画像提供: (CC) Blender Foundation (www.blender.org)
フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。