ショットとタスクを作成するために既存のビッド シートを読み込む方法

多くのユーザは、行にショットを、列に部門を指定して、プロジェクトのビッド スプレッドシートを作成します。その後、各セルの部門ごとに人日の数を追加します。既にこのようなスプレッドシートがある場合は、Shotgun に読み込んでショットとタスクの両方を 1 つの操作で作成できます。このチュートリアルでは、Shotgun で認識されるようにスプレッドシートをフォーマット化する方法について説明します。

ショットとビッドの読み込みと書き出し用に Shotgun ページを作成する

必要なのはデータの読み込みだけで、Shotgun でのショットとタスクの処理方法についての詳細を 1 つのページに表示する必要はない場合、チュートリアルを省略して、インポータを使用できます

  1. スプレッドシートの例を見てみましょう。スプレッドシートが次のように表示されている場合は完璧です。
    スプレッドシートの例
    表示されない場合は、一致するようにフォーマット化してください。次にいくつかの注意点を示します。
    1. 各行は 1 つのショットを表します。
    2. 各列は 1 つの部門を表します。
    3. ビッドは数字で指定します。
  2. ショットのランディング ページをリスト ビューで確認してみましょう。
    ショットのリスト ビュー
  3. ページのレイアウトをカスタマイズするには、ヘッダ列の右端にある[+ 列](+ column)ボタンをクリックし、[列の表示設定...](Manage Columns...)をクリックして、[ショット コード](Shot Code)フィールド以外の全フィールドの選択を解除します。[適用](Apply)をクリックします。
    列の表示設定
  4. ツールバーのパイプライン メニューをクリックして、スプレッドシート内のすべての部門がここにリストされていることを確認します。リストされていない場合は、[パイプラインを管理](Manage Pipeline)をクリックして、ショットのパイプライン ステップを追加するか、名前を変更します。完了したら、[適用](Apply)をクリックします。
  5. 同じパイプライン メニューを使用して、ビッド シートの基準にした部門をクリックしてページにロードします。
  6. 列ヘッダの二重矢印をクリックしていずれかのパイプライン ステップを展開し、[ビッド](Bid)と[期間](Duration)以外のすべてのフィールドを非表示にします。このためには、[ステータス](Status)列ヘッダを右クリックして、[列を挿入](Insert Columns)にカーソルを合わせ、[列の表示設定...](Configure Columns...)を選択します。
    列の表示設定(Configure Columns)
  7. ここでは、パイプライン ステップのヘッダを右クリックして、[このレイアウトに一致するようにすべてのステップを更新](Update all Steps to Match This Layout)を選択します。
    このレイアウトに一致するようにすべてのステップを更新(Update all Steps to Match This Layout)
  8. 次のように表示されます。
    ショット ページ
  9. 新しいショットとタスクを読み込むためのテンプレートとして使用するため、ページの右上にある[ページ設定](Page Settings)メニューに移動して[名前を付けて保存](Save As)を選択し、最初にこのページのコピーを保存します。「Bid Importer」と名前を付け、プロジェクト フィールドを空の状態にして[ページを作成](Create Page)を選択します。
    ページを保存
  10. 今作成したページのツールバーにある[詳細](More)ボタンをクリックして、[すべてを Excel (csv)に書き出し](Export All to Excel (csv))を選択します。これにより、ショットとタスクを読み込むためのテンプレートとして使用できる「.csv」ファイルがダウンロードされます。
    書き出し

ビッド情報とともにショットとタスクを読み込む

  1. 先ほど作成したテンプレートのスプレッドシートを開きます(以下からサンプル テンプレートをダウンロードできます)。ビッド シートがある場合はそれも開きます。
  2. スプレッドシートのショットを選択してコピーし、テンプレートの[ショット コード](Shot Code)列の下に貼り付けます。
  3. スプレッドシートの最初の部門のビッドを選択してコピーし、Bid 列の下(Shotgun のパイプライン ステップ名の下)に貼り付けます。[期間](Duration)フィールドでも同じように処理します。両方のフィールドが必要な理由は、タスクに[期間](Duration)もあると、スケジュールが簡単になるからです。
    スプレッドシート ヘッダ
  4. 次のような見た目になるまで、スプレッドシートの各部門に対して手順 3 を実行します。
    スプレッドシート
  5. テンプレートのすべての項目をクリップボードにコピーします(表示されるすべての行と列)。
  6. Shotgun に戻って、ツールバーで[詳細](More)ボタンをクリックして[ショットを読み込み](Import Shots)を選択します。
  7. テキスト ボックスにデータを貼り付け、[続行](Continue)をクリックします。
  8. Shotgun がすべての列を認識したら、[続行](Continue)をクリックします。
  9. ショットの更新ではなく、作成のため、ここでは何も選択しないで[続行](Continue)をクリックします。
  10. プレビュー ページでは、ショットとタスクの両方を作成していることが分かります。ページ上に表示されるすべてのエラーを修正し、続行をクリックしてショットとタスクを作成します。
  11. これで完了です。[開始ページに戻ります](Go back to the page where you started)をクリックして、今作成したショットとタスクを確認します。
    Bid importer ページ

タスクを更新する必要がある場合は、スケジュール ページでタスクにビッドとタイム ログを追加できます

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。