項目の作成、追跡、読み込みを行う

エンティティは、アセット、シーケンス、ショット、またはレベルなど、プロジェクト内で追跡する「項目」に対して指定する名前です。 プロジェクト ナビゲーション バーには、エンティティにすばやくアクセスできるように各エンティティのランディング ページへのリンクがあります。 任意のエンティティがナビゲーション バーに表示されない場合は、Other メニューの下にあります。

管理者は、Project Actions メニューから Navigation を選択し、リストからエンティティをドラッグすると、プロジェクト ナビゲーション バーに表示されるエンティティを選択することができます。

エンティティを作成する

アセットやショットなどのエンティティを作成するには、プロジェクトのナビゲーションからエンティティのランディング ページに移動して、ページ上部のメニュー オプションから +[エンティティ名]ボタンを選択します。

Asset Sequence Shot Version

これにより、新しいエンティティを作成するダイアログ ウィンドウが表示されます。 たとえば、プロジェクトに新しいアセットを追加するには:

  • プロジェクト ナビゲーション バーから Assets を選択して、アセットのランディング ページに移動します。
  • ページ上部のツールバーから Asset ボタンを選択して、新しいアセットを作成します。
  • Create New Asset ダイアログでアセットに名前を付け、その他の関連情報を追加します。
  • Create asset をクリックします。

選択項目を複製する

1 つまたは複数の既存のエンティティを複製して、新しいエンティティを作成することもできます。 コピーする項目を選択して右クリックし、Duplicate selected を選択します。 次に名前を変更し、変更の必要がある他のフィールドを編集します。

複製

これは、男性のバックグラウンド キャラクタとして新しいキャラクタ アセットを作成する場合など、同じフィールド値を多数共有する新しい項目を作成するのに最適な方法です。 別の男性バックグラウンド キャラクタを選択して、選択項目を複製し、名前を変更するだけで準備完了です。

インポータを使用する

多くのエンティティを一度に作成または更新するには、バッチ インポータを使用します。 ほとんどのエンティティのページには More メニューがあります。

アセットを読み込み

Import リンク(Shotgun の任意のページのヘッダから利用可能)をクリックすることもできます。

Importer ボタン

次に、メニューからいずれかのエンティティ タイプを選択すると、インポータ オーバーレイが表示されます。

Importer_02_import.pngImporter_03_entity_types.png

Import メニューについて

このメニューの内容は、権限と Shotgun サイトで有効になっているエンティティ タイプの組み合わせによって決まります。 そのため、アーティスト ユーザの Import メニューには、権限に基づいて限られた数のエンティティ タイプが表示されます。 また、サイト設定項目で無効になっているエンティティ タイプは、どのユーザの Import メニューにも表示されることはありません。

次に、プロジェクトを選択します。 Shotgun はプロジェクトベースの構造であるため、このフィールドは、プロジェクトの関連付けが必要なほぼすべてのエンティティ タイプに必要です。 プロジェクトのページから読み込み処理を開始すると、インポータの既定値がこのプロジェクトに設定されます。 プロジェクトの選択が不要な項目は次のとおりです。

  1. 有効なプロジェクト以外のカスタム エンティティ
  2. People (People には Projects フィールドがあり、管理者以外の権限を制御します。これは特別なシングル プロジェクトとは異なります)
  3. Groups
  4. Projects
  5. Scripts
  6. Task Templates

手順 1: データをコピーして貼り付けます。

インポータを使用するには、Excel や OpenOffice 文書などのスプレッドシートからデータをコピーします。 インポータが Shotgun のデータの格納場所を特定できるように、各列の名前を含む最初の行がデータに必ず含まれるようにします。

データ

次に、インポータの最初のページにこのデータを貼り付けます。

手順 1

手順 2: Shotgun のどのフィールドにどのデータが格納されるかを確認します。

インポータは貼り付けられた列名との照合を試みますが、既定で正しくマッピングされない場合は、フィールドを手動で変更できます。

手順 3: ID フィールドを指定します。

まったく新しいレコードを作成するための読み込みの場合は、フィールドを何も選択しないでください。 それ以外の場合は、更新する既存のレコードを参照する際にインポータが固有のキーとして処理する必要のあるフィールドを 1 つ以上指定します。 ここでの使用に最適なフィールドは ID です。これはエンティティ間で固有であるため、エラーの可能性が少なくなります。 ここでよく使用するその他のフィールドとしては、ショット コードやアセット名があります。これらは任意のプロジェクト内で固有に指定されることが多いためです(ただし、必ずではありません)。

手順 3

上級者向けのヒント: 多くの情報を一括で更新する最も簡単な方法は、ページを .csv ファイルとして書き出し、スプレッドシートとして開くことです。 書き出した .csv には、書き出すエンティティに関係なく「ID」フィールドが自動的に含まれるため、必要に応じて変更を加え、インポータを使用して Shotgun ですべてを一度に更新することができます。 「ID」フィールドは必ずエンティティごとに固有であるため、インポータの手順 3 で既存のレコードと一致するように「ID」フィールドを選択することで、更新データを確実に適切な場所に反映できます。

手順 4: データを確認し、必要に応じて修正します。

必要に応じてフラグ付きのエラーを修正するか、最終調整を行います。 インポータのこの手順では、Shotgun グリッドに入り込むように各セルをダブルクリックしてデータを編集できます。

手順 5: 読み込みます。

Import ボタン をクリックします。 読み込みが完了したら、開始時のページに戻るか、先ほど読み込んだまたは更新したデータのみを示すページを表示することができます。

読み込みの成功

その他のタイプのエンティティ

ノート

Shotgun で作業している項目にノートを作成し、このノートを Shotgun で追跡している項目とリンクすることができます。

概要のノート

ほとんどのエンティティ(つまり、ショット、アセット、バージョンなど)の詳細ページの概要タブで、更新ストリームにノートを直接入力できます。 このエンティティをフォローしているユーザは、受信トレイで更新を受信します。

リスト ビューから:

アセットのランディング ページなど、List view リスト ビュー ページからほとんどのエンティティにノートを追加できます。 ノートを作成するアセットをすべて選択します。 右クリックして、Add note を選択します。

リストされたアセットを選択すると、ノートを配信する際にこのアセットに割り当てられているアーティストが含まれます。 複数のアセットにノートを追加する場合は、すべてのアセットにリンクされたノートを 1 つ作成したり、各アセットに個々のノート スレッドを作成することもできます。

新しいノート

バージョン

バージョンとは、レビュー用に送信される作業の繰り返しを追跡するために Shotgun が使用する概念です。 バージョンは、レビュー マテリアルや承認ステータスを追跡する必要のあるアセットやショットなどの任意のエンティティとリンクできます。 また、Link フィールドの親エンティティ 1 つとリンクすることもできます。

バージョンとレビュー

パブリッシュ

パブリッシュされたファイル エンティティは、Shotgun の Pipeline Toolkit (これまでは Tank と呼ばれていました)と他の統合アセット管理システムによってパブリッシュされたデータを追跡します。 各パブリッシュについて、Shotgun でレコードを作成し、ファイルをパブリッシュしたユーザ、ファイル タイプ、ファイル パスなど、主要なメタデータを追跡できます。

publishedfile.png

タスク

タスクを使用すると、ワークフローの一部として実行する必要のある作業単位を追跡できます。 タスクは、アセット、ショット、またはシーケンスなど、「Link」フィールドの親エンティティ 1 つとリンクできます。 また、タスクは、開始日、終了日、時間などのスケジュール情報も保持しています。 タスクはこのタスクを作業する必要のあるユーザに割り当てられ、ユーザの My Tasks ページに自動的に表示されます。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。