別のユーザとしてログインする、または別のユーザの ID を偽装する

管理者は、別のユーザを装ってページを表示できるように、別のユーザの ID を偽装することができます。 この機能は Shotgun 6.3.10 以降で利用できます。

使用例

他のユーザの ID を偽装すると、次のようなさまざまな点で役に立つ場合があります。

  • 別のユーザのホーム ページを設定する
  • 個々のユーザの設定を更新する
  • トラブル シューティングする
  • アーティスト、コーディネータ、または他のユーザがサイトで参照している内容、およびそれらのユーザの権限の使い方を確認するために権限をテストする

ID を偽装する方法

  1. 管理者は、Permissions ページに移動します。 Advanced タブで、allow “sudo”: perform actions and log events as though logged in as another user * ボックスをオンにします。

  2. ID を偽装する方法は 2 つあります。
    • オプション 1: 任意のページで、Design Page ボタンをクリックし、Use as Another User を選択します。



      ページの上部に青色のバナーが表示されます。 検索ボックスを使用して、偽装するユーザまたは特定の権限グループを検索します。

    • オプション 2: People ページで、ユーザを右クリックし、Use Shotgun As... を選択します。

  3. ID を偽装すると、次が示されます。
    • 別のユーザとしてページを表示していることを示す概要オーバーレイ
    • 管理者が偽装ログインしているユーザを示す、ページ上部の青色のバナー

    • 注: 管理者としてもログインしている状態ですが、Shotgun を別のユーザとして使用しています。 つまり、表示される内容は、そのユーザが表示権限を持っている内容にのみ制限されます。 たとえば、あるアーティストは 1 つのプロジェクトにのみアクセスできるとします。

  4. 管理者は偽装している ID をいつでも変更できます。 別のユーザの設定を使用してサイトを参照する場合、青色のバナーで該当のユーザまたは特定の権限グループを検索することができます。

  5. 自分の ID で Shotgun に戻る準備ができたら、青色のバナーの右側にある Exit をクリックします。

管理者イベントを監査する

別のユーザの ID を偽装している管理者のログ履歴を、各プロジェクトの Event Log Entry の Meta Data フィールドで確認することができます。

注: Who フィールドには、管理者が使用している ID を持つユーザが示され、Meta Data フィールドには、イベントに対して生成した実際のユーザが示されます。

管理者メタデータ

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。