ページの作成と設定

ページは、Shotgun でデータを表示するためのレイアウトです。データとして必要なのは一元管理されたデータのコピー 1 つのみですが、そのデータのカスタム ビューは必要なだけ作成することができます。これは、データをさまざまな方法で表示するために、複数のスプレッドシートに複製する必要がないことを意味します。

ページには、次に示すようなさまざまなタイプがあります。

  1. リスト ページ。ショットのリストなど、さまざまなレコードの表示に使用します。
  2. 詳細ページ。詳細ページは、1 つのショットなど、単一のレコードに関する情報の表示に使用します。このページの上部ペインには、サムネイルといくつかの主要フィールドが表示され、下部ペインにはタブがあり、これらを切り替えるとレコードに固有の詳細情報を参照できます。下部ペインの左端にあるタブには、そのレコードで実施された最新の全更新のアクティビティ ストリームが表示されます。その他のタブは、プロジェクト管理者がページ アイコンのデザイン モード オプションからページを設計することで設定できます。
  3. キャンバス ページ。キャンバス ページを使用して、単一のキャンバス ページにさまざまな情報を表示する複数のウィジェットを配置します。これらは非常に柔軟な設計になっています。
  4. ホーム ページ。ユーザがログインしたときに最初に表示されるのがホーム ページです。すべてのユーザに同じページ レイアウトが表示されますが、フィルタを使用して、表示される情報をカスタマイズすることができます。
  5. プロジェクト ナビゲーション ページ。プロジェクトのプロジェクト ナビゲーション バーから、ショットやアセット、スケジュールなど、プロジェクトに関連する主なページにアクセスします。全員(アーティスト、スーパーバイザー、マネージャなど) が参照する、通常、情報への入り口となるページであるため、プロジェクト ナビゲーション ページの設計はシンプルにし、ナビゲートしやすく保つことが最善です。適切な権限が付与されていれば、これらのページのレイアウトを編集して保存し、どのページをナビゲーション バーに表示するかを選択することができます。
  6. カスタム ページ。独自のカスタム ページ レイアウトを作成およびカスタマイズして、それをプロジェクト固有のページとして、またはグローバル ページとして保存します。プロジェクト ページはプロジェクトのページ階層に保存され、そのプロジェクトに関連付けられているレコードのみを表示します。グローバル ページは、プロジェクトのページ階層の外に保存され、複数プロジェクトにわたるレコードを表示することができます。追加のページ機能にアクセスするには、ツールバーの[ページ](Page)アイコンをクリックし、[ページをデザイン](Design Page)を選択して、デザイン モードを開始します。ここでは、1 つまたは複数のネストされたフォルダにページを配置し、グローバル ページを他のユーザと共有するかどうかを制御し、さらに別のビューを新たに追加できます。

ページを操作する

ページを表示しているときに、ページ レイアウトを編集し、必要に応じて結果をフィルタして、目的のデータを表示することができます。ここでは、ほとんどのページでアクセスできる、一般的なページ機能についてリストします。

  • 現在の表示モードの切り替え(詳細ビュー、サムネイル ビュー、またはリスト ビュー)
  • どのフィールド(列)をページ上に表示するかの編集
  • フィルタ パネルを使用した、レコードのフィルタ
  • ページ上でのレコードのソートおよびグループ化
  • ページング結果の調整(ページあたり 25、ページあたり 50、など)
  • フォーマット オプションの調整(行の折り返し、ヘッダの色、セルの色、ヘッダ名の変更など)
  • 条件付きの行および列のフォーマット オプションの調整
  • ページ(列)の概要の表示
注: ページに何らかの変更を加えると、ツールバーのページ アイコンの隣に青いドットが表示されます。ページ アイコンをクリックすると、これらのレイアウト変更を保存するか、レイアウトの変更を元に戻す(最後に保存されたページのバージョンに戻す)かのいずれかを選択することができます。アクションを何も実行しないと、レイアウトの変更は、ブラウザのセッションの間維持され、ログアウト時に自動的に元に戻されます。
保存した変更は、すべてのユーザに表示されます。
また、ページを更新 して、データベースの更新が反映されるようにすることもできます。

シンプルなページを作成する

非常に多くのページを作成する必要はないかもしれません。フィルタ、グループ化、およびソートを使用することで、1 つのページのデータをさまざまな方法で表示することができます。ただし、新しいページを作成することは、既存のページで繰り返し広く行われている調整を形式化するための絶好の機会となります。

同じページの複数のコピーが作成されると混乱を招く可能性があるため、新しいページを作成する前に、既存のページに同じものがないことを確認します。

新しいページを作成するには、次のようにします。

  1. [ページ](Pages)メニューに移動し、ボタンの左下隅にある歯車のボタンを使用して、[+ 新しいページ](+ New Page)を選択します。
    新しいページ(New Page)
  2. 表示されたダイアログ ボックスで、ページの名前を指定します。
  3. ページに表示するレコードのタイプを選択します。
  4. そのページをプロジェクト ページにするかどうかを決定します。プロジェクト ページには、そのプロジェクトのレコードのみが表示され、そのプロジェクトのすべてのメンバーと自動的に共有されます。プロジェクトが設定されていないページは、プライベートなページまたは共有ページになります。
  5. [ページを作成](Create Page)をクリックします。
    新しいページ(New Page)ダイアログ
  6. 新しいページが表示されます。ここで、いくつかの列を追加することができます。リスト ビューまたはデザイン モードに切り替えます。「列の追加」ボタン(列ヘッダの右端にある + ボタン)を使用して、列メニューを開き、表示する列を選択します。選択した列がページに表示されます。
    列を追加
    注: 大幅な変更を加える場合には、デザイン モードが便利です。一部の変更は、デザイン モードでのみ可能です。デザイン モードでは、すべての修正オプションを表示することができますが、ページ自体を参照しているときに変更できるのは、いくつかの簡単な修正のみです。
  7. 表示する必要のない列がある場合は、列のメニューを使用して非表示にできます。または、列ヘッダを右クリックして[列を非表示](Hide Column)を選択することもできます。
    列を非表示(Hide Column)
  8. 次に、ページをプライベートまたはパブリックのどちらかに設定するかを決定します。新しいプライベート ページは、[ページ](Pages)メニューの[マイ ページ](My Pages)セクションに表示されます。共有ページは、[すべてのページ](All Pages)セクションに表示されます。ページのデザイン モードにして、ページをどのユーザと共有するかを選択します。プロジェクトを指定していない場合、既定では、メニューに[相手なし](No one)と表示されます。[全員](Everyone)を選択した場合は、権限グループのリストが表示され、ここでどのグループにページの表示を許可するかを選択できます。
    ページの権限
    上級者向けのヒント: 1 つのプロジェクト内のレコードのみを表示するプライベート ページを作成する場合は、ページの設定で、[Project] [is] [自分のプロジェクト名]のように指定したフィルタを追加します。
    ページをプライベートにしても、ページ上に表示される情報はプライベートにはなりません。[ページ](Pages)メニューでそのページが非表示になり、使用可能なページのリストに表示されなくなるだけです。情報へのアクセスを制限する場合は、[管理者](Admin) > [権限](Permissions) > [自分の権限ロール] > [エンティティの権限](Entity Permissions)メニューから、表示の権限を変更する必要があります。
  9. ページを整理するために、フォルダを選択することもできます。
  10. 最後に、右上の[保存](Save)をクリックしてページを保存し、デザイン モードを終了します。これで完了です。
フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。