グローバル既定レイアウト(ページ、フォーム、タブ)

グローバル既定レイアウトは、最も詳細なカスタマイズ オプションを提供します。必要に応じて、各エンティティのリスト、詳細、またはフォーム レイアウトを変更することができます。Shotgun での設定方法によっては、すべてのエンティティに既定のフォームまたは詳細ページが設定されるわけではないことに注意してください。

これらの既定のレイアウトはグローバル レベルに保存されます。つまり、レイアウトに対する変更は、テンプレートまたはプロジェクトの外部で行われます。エンティティに対して新しいページまたはタブを作成すると、レイアウトはそれらの保存されている既定値から取得されます。

既定のレイアウトを更新するための高度な権限がある場合、[管理者](Admin)メニュー > [既定のレイアウト](Default Layouts)から、またはプロジェクト エンティティの詳細ページまたは[フォーム設定](Form settings)メニューからアクセスできます。[既定のレイアウト](Default Layouts)に移動して特定のビューがリストに表示されない場合、ビューがそのエンティティでは使用できないことを意味します。また、詳細ページの場合は、ビューがそのエンティティで有効になっていない場合があります。(その場合は、[管理者](Admin)メニュー > [サイト基本設定](Site Preferences) > [エンティティ](Entities)を参照してください)。

詳細ページとフォームのグローバル既定

たとえば、プロジェクトの[ショットの詳細](Shot Detail)ページをカスタマイズし、既定の[ショットの詳細](Shot Detail)ビューとして適切に機能すると判断したとします。[ページ設定](Page Settings)メニューに移動し、[グローバル既定レイアウト](Global Default Layout) > [ページをグローバル既定として保存](Save Page As Global Default)を選択すると、このページを既定にすることができます。これにより、ショットの詳細レイアウトがグローバル既定として保存され、新規または既存のプロジェクトおよびテンプレートからアクセスできるようになります。

global_defaults_01_save.ja.png

フォームの[設定](Settings)メニュー(歯車アイコン)から、[フォームをグローバル既定として保存](Save Form as Global Default)および[フォームをグローバル既定に戻す](Revert Form to Global Default)オプションを使用することもできます。

global_default_form_save.ja.png

エンティティの既定のレイアウトをカスタマイズして保存すると、これらの新しい設定を任意のプロジェクトまたはテンプレートのエンティティの[詳細](Detail)ページまたは[フォーム](Form)に適用できます。そのためには、[[ページまたはフォーム]をグローバル既定に戻す](Revert [Page or Form] to Global Default)を選択し、既存の詳細またはフォームの設定を上書きして、そのエンティティのために保存されているグローバル既定レイアウトに置き換えます。

リスト ページのグローバル既定

エンティティ リストの既定のレイアウトは、[管理者メニュー](Admin Menu) > [既定のレイアウト](Default Layouts)でのみ更新できます。保存すると、任意のプロジェクトでそのエンティティ タイプの新しいリスト ページを作成するたびに、この保存されたレイアウトが適用されたページが作成されます。

エンティティ リスト ページの機能は、詳細ビューやフォーム ビューとは多少異なることに注意してください。プロジェクトのエンティティ リスト ページで作業している場合、[ページ設定](Page Settings)メニューにはグローバル既定に保存する(または戻す)オプションは表示されません。リスト ページは作成時にのみグローバル既定レイアウトを使用し、その後はページから保存したりグローバル既定に戻したりすることはできません。

注: リスト、詳細、またはフォームのグローバル既定を保存しても、すべてのプロジェクトで自動的に更新されることはなく、保存されたグローバル既定のみが更新されます。また、詳細またはフォームのグローバル既定に戻しても、すべてのプロジェクトで更新されるわけではありません。現在のプロジェクトでのみ更新されます。エンティティの既定のレイアウトをすべてのプロジェクトにプッシュする場合、その詳細ページまたはフォームの「元に戻す」メニュー項目を使用して、プロジェクトごとに実行する必要があります。

 

ページをカスタマイズする

「アセット」エンティティを例として使用して、リスト、詳細、およびフォームの 3 つのページについて以下で説明します。ページでのセルまたは行の表示方法をフォーマットすることができます。

アセット リスト

アセット リストは、アセット レコードの一覧を示すページです。

global_defaults_02_asset_list.png

手順 1: アセット リストのページ レイアウトをカスタマイズする

次の例では、[説明](Description)、[レベル/キャラクタ](Levels Characters)、[タグ](Tags)フィールドを追加して変更したページを示しています。

global_defaults_03_asset_list.png

利用可能なカスタマイズ

  • ビュー モード(グリッド、サムネイル、キャンバス、URL)の追加
  • 列の再配置、列の追加、列の幅の設定
  • 列の名前の変更、列ヘッダの高さを 2 倍に設定、列ヘッダの色の設定
  • 並べ替え順、グループ化、フィルタなどの設定
  • ページ概要の適用

カスタマイズに関する注意

  • ページ モードのレイアウトの変更はすべてまとめて保存されるため、リスト ビューが現在唯一アクティブであっても、リスト、詳細、サムネイル、および追加のビューをカスタマイズして、その変更をすべて一度に保存できます。
  • 背景色やフォントスタイルなど、ここで適用するすべてのページ書式設定は、この既定レイアウトを使用するすべてのページに反映されます。

手順 2: レイアウトを保存する

リスト ページへの変更を保存するには、[既定値](Default)タブで[ビューをグローバル既定として保存](Save View As Global Default)を選択します。

グローバルなページの保存

すべての変更を元に戻し、以前保存した、ページを保存する前の既定に戻すには、[ページをグローバル既定に戻す](Revert Page To Global Default)を選択します。

手順 3: 既定のレイアウトを使用する

新しいアセット ページを作成して既定のレイアウトがどのように適用されているか確認します。

global_defaults_10.png

アセット リストの既定のレイアウトは新しいアセット タブにも適用される

新しいタブは、グローバル既定レイアウトが反映されて表示されます。このタブでレイアウトをカスタマイズして、ページ全体のレイアウトを保存することができます。

たとえば、新しいアセット タブをショットの詳細ページに追加します。この[ショット](Shot)ページで、デザイン モードにして、[新しいタブ](New Tab)をクリックします。タイプとして[アセット](Asset)を選択し、作成します。

global_defaults_11.png

アセットの詳細

アセットの詳細ページには、1 つのアセットのフルページ ビューが表示されます。

手順 1: 詳細ページのレイアウトをカスタマイズする

アセットの詳細ページに移動します。そのページですべてのウィジェットやタブを修正することができます。完了したら、[ページをグローバル既定として保存](Save Page As Global Default)をクリックします。

global_defaults_04_detail_page.png

手順 2: 詳細ページの既定のレイアウトを適用する

アセットの詳細の既定のレイアウトをページに適用するには、アセットの詳細ページで、ページの右上にあるページ アイコンをクリックし、[グローバル既定レイアウト](Global Default Layout) > [ページをグローバル既定に戻す](Revert Page To Global Default)を選択します。

global_defaults_05_revert.png

アセット フォーム

アセット フォームは、新しいアセットを作成するページ ビューです。

注: 一部のエンティティ タイプ([イベント ログ](Event Log)など)では、これらのエンティティがUIで作成されないという理由だけで、フォーム ページが無効になっています。

手順 1: フォームのレイアウトをカスタマイズする

アセット フォームをカスタマイズするには、プロファイル画像で[既定のレイアウト](Default Layouts) > [アセット](Asset) > [アセット フォーム](Asset Form)に移動するか、[アセット](Asset)ページで新しいアセットを作成します(下記を参照)。次に、フォームの歯車メニューをクリックし、[レイアウトを設定...](Configure layout...)を選択します。 フィールドを追加して、表示順など、各フィールドのプロパティや、作成に必要なフィールドを設定します。

アセット フォーム

完了したら、[適用](Apply)をクリックし、フォームで[フォームをグローバル既定として保存](Save Form as Global Default)リンクを選択します。 新しいアセットが作成される際、システム内のあらゆる場所でこのレイアウトが使用されます(ただし、[フォームを保存](Save Form)を選択した場合は、そのフォームは現在のプロジェクトにのみ適用されます)。

手順 2: フォームのレイアウトを適用する

アセット フォームのグローバル既定レイアウトは自動で、フォームのレイアウトを保存するとすぐに適用されます。


ページ レイアウトとプロジェクト テンプレートをカスタマイズする

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
フォローする