ソフトウェア開発のチケット、リビジョン、リリース

このチュートリアルでは、自社のソフトウェア開発プロセスを管理するために Shotgun でチケット、リビジョン、リリースを使用する方法について説明します。まず、すぐに利用可能な機能を紹介します。そのあとで、オートデスクが現在のワークフローで Shotgun をどのようにカスタマイズしたかについて説明します。

セットアップ

チケット、リビジョン、リリースを有効にする

最初に、チケット、リビジョン、リリースのエンティティを有効にする必要があります。また、必要に応じてツール エンティティを有効にすることもできます。ツールを有効にすると、「ショット送信ツール」や「ヘア パイプライン」など、ツールまたはアプリケーション別にさまざまなプロジェクトをまとめる場合に役立ちます。スクラムを使用するユーザの場合、スプリントにカスタム エンティティを使用できます。カスタム エンティティのいずれかを有効にして、名前を「Sprint」に変更します。

開発作業をトラックするプロジェクトを作成する

すべてのリリース、チケット、リビジョン(およびツールやスプリントなど)が含まれるプロジェクトが必要になります。ソフトウェアのプロジェクトごとにプロジェクトを作成したり、すべての開発プロジェクト用に 1 つのプロジェクトを作成することができます。すべての開発のトラックに使用する「R&D」プロジェクトを作成するクライアントもいます。

プロジェクトで[チケット](Tickets)ページを作成する

ここでは、[チケット](Tickets)ページを作成し、「Shotgun」プロジェクト内に配置します。作業を複数のプロジェクトに分けて整理する場合は、プロジェクトごとに[チケット](Tickets)ページを作成します。

[チケット](Tickets)メニュー

チケットを使用する

チケットでは、次の既定の基本フィールドを使用します。

  • [タイトル](Title)
  • [優先順位](Priority)
  • [担当者](Assigned To)
  • [タグ](Tags)
  • [説明](Description)
  • [プロジェクト](Project)

これらの各フィールドの使用方法を確認するために、設定済みの[チケット](Tickets)ページを見てみましょう。

[チケット](Tickets)ページ

[関連チケット](Related Tickets)、[リリース](Releases)、および[リビジョン](Revisions)の各フィールドは「マルチエンティティ」です。つまり、1 つのチケットで、[関連チケット](Related Tickets)、[リリース](Releases)、[リビジョン](Revisions)に複数の項目を設定できます。

バグ チケットのコンテキストでこれらすべてのフィールドを表示するには、チケットをクリックして詳細ページを開きます。

チケットの詳細ページ

チケットの詳細ページには、設定可能なヘッダとサイド パネル、およびイベントのオンとオフを切り替えられるスレッド返信セクションがあります。上記では、Nephi Sanchez によるチケット作成が最初のイベントです。

関連チケットを自動リンクする

チケットの機能の 1 つとして、説明または返信の任意の場所にチケット参照用のプリフィックス「#」を入力すると、Shotgun が[関連チケット](Related Tickets)フィールドにこのチケットのエントリを自動的に作成します。そのテキストは参照するチケットへのリンクに変換され、現在のステータスが表示されます。参照されるチケットの[関連チケット](Related Tickets)フィールドには、現在のチケットに対するリンクが相互に作成されます。

関連チケット

リビジョンとチケットを自動リンクする

関連チケットの自動リンクと同様に、リビジョンの先頭に小文字「r」を追加すると、このテキストが自動的にリンクに変換され、[リビジョン](Revisions)フィールドにエントリが作成されます。

リビジョン

リビジョンを使用する

チケット #8131 では、開発者によってチェックされたコード リビジョンが 2 つあります。その 1 つをクリックして詳細に見てみましょう。

リビジョンの詳細

リビジョンの詳細ページの設定可能なヘッダには、いくつかのメタデータが表示されています。また、サブバージョンで使用する Web インタフェースである Trac に統合されたタブもあります。この統合を実現するために、チェックイン プロセスが Shotgun でのリビジョン作成と関連する全メタデータの更新をトリガするように、Shotgun の API を使用した簡単なスクリプトを作成しました。

Trac Details と呼ばれるこのタブは、リビジョンの詳細ページ内の Trac にアクセスできるように、引数としてリビジョン番号(「コード」)を受け取ります。このタブの設定は、次のようになります。

タブの設定

リビジョンには次のフィールドが表示されます。

  • [説明](Description)
  • [ID](Id)
  • [プロジェクト](Project)
  • [関連リビジョン](Related Revisions)
  • [リビジョン名](Revision Name)
  • [タグ](Tags)
  • [チケット](Tickets)
  • [URL](URL)

[関連リビジョン](Related Revisions)と[チケット](Tickets)は両方ともマルチエンティティです。リビジョンには複数の関連リビジョンとチケットを設定できます。

リリースを使用する

リリースには次のフィールドが表示されます。

  • [説明](Description)
  • [ID](Id)
  • [プロジェクト](Project)
  • [リリース名](Release Name)
  • [ステータス](Status)
  • [タグ](Tags)
  • [チケット](Tickets)

[チケット](Tickets)フィールドはマルチエンティティのため、リリースには、[リリース](Releases)ページに表示されるとおり複数のチケットを設定できます。

[リリース](Releases)

[リリース](Releases)の詳細ページをクリックしてみましょう。

[リリース](Releases)の詳細ページ

上部セクションにはいくつかの重要なメタデータが表示されるように設定され、その次には一連のタブ全体が表示されています。[リビジョン](Revisions)タブ以外のすべてのタブはチケット用のタブです。各タブは、必要な情報が表示されるように、タグ、ステータス、および他のフィールドを使用してさまざまな方法でチケットをフィルタします。ただし、[リビジョン](Revisions)タブでは、現在のリリースにリンクされたチケットを表示できるようにリビジョンのチケット フィールドでクエリー処理することで、リリースのすべてのリビジョンが表示されるように設定されています。

フィルタ

基本的に、このクエリーは各リビジョンのチケットを調べ、チケットが現在のリリースにリンクされている場合は、タブに表示します。

それでは、プロセス向上のために Shotgun に追加したカスタマイズを確認しましょう。実際には、各自のプロセスに適した独自の方法でカスタマイズします。このカスタマイズを参考にしてください。

スプリントを使用する

Shotgun でチケットをスプリントにまとめるため、いずれかのカスタム エンティティを有効にして、名前を「Sprint」に変更します。

新しいスプリント エンティティには次のフィールドがあります。

  • [説明](Description)
  • [ID](Id)
  • [プロジェクト](Project)
  • [リリース](Release)
  • [スプリント](Sprint)
  • [ステータス](Status)
  • [タグ](Tags)
  • [サムネイル](Thumbnail)

次に、いくつかのカスタム フィールドを追加します。

  • Expected Date
  • Velocity
  • Velocity Notes

各リリースに複数のスプリントを設定できます。

ここで、チケットに「Sprint」と呼ばれるエンティティ フィールドを追加しました

これで各チケットをスプリントに割り当てられるため、スプリント別にチケットをグループ化、フィルタ、およびソートすることができます。

これで、ソフトウェア開発をトラックする準備が完了しました。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。