Trash ページ(廃止/削除の取り消し)

Shotgun のすべての管理者(Admin の権限を持ったユーザ)は、Trash ページにアクセスできます。ここでは、削除済みのレコードの削除を取り消すことができます。 この機能は、API または UI (プロジェクト、シーケンス、ショットなど)で Shotgun から削除されたすべてのものに対して有効です。

削除や廃止の取り消し、または復活

Admin > Trash のドロップダウン メニューから、エンティティ タイプを選択します。

Trash

削除を取り消すエンティティを 1 つまたは複数選択します。 ページには、廃止されたすべてのエンティティが、1 行につき 1 つずつ日付の降順で一覧表示されます。このとき、検索を絞り込むのに役立つ、次のようないくつかの主な属性も一緒に表示されます。

  • エンティティ名(プロジェクト、アセット、レベルなど)
  • 更新者
  • 更新日

Trash ページ

Revive ボタンをクリックします。 選択したエンティティがすぐに使用できるようになり、Trash のエンティティのリストから削除されます。

注: プロジェクトの削除を取り消すと、そのプロジェクトに含まれていたすべてのもの(ショット、タスク、ノートなど)の削除も自動的に取り消されるため、1 つずつに取り消し作業をする必要はありません。

完全な削除

注: 完全に削除できるのはフィールドだけです。

フィールドを完全に削除するには、プロファイル画像の下の Admin メニューから、Trash > Fields を選択します。

Trash フィールド

リスト内で目的のフィールドを見つけます。 フィールドを選択し、フィールドを右クリックするか、Delete Forever というボタンをクリックします。

Delete Forever

注: 完全に削除したフィールドを復活させることはできません。

これらのフィールドを永久に削除するには、このチェックボックスをオンにします。

Delete フィールド

削除するフィールドがエンティティまたはマルチエンティティである場合、サイトの再起動に関するメッセージが表示されます。 サイトを再起動すると、スキーマがクリーンアップされ、削除したフィールド名を再利用できるようになります。

サーバの再起動

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。