テキストから HTML への変換を使用してテキスト フィールドをフォーマット化するにはどうすればいいですか?

注: Shotgun は Markdown をサポートしています。詳細については、「Shotgun Markdown でテキスト フィールドをフォーマット化するにはどうすればいいですか?」を参照してください。

現在 Shotgun は、次の場所でテキストから HTML への制限付きのレンダリングをサポートしています。

  • ノートの本文、ノートの返信、ノートの電子メール通知
  • チケットの説明、チケットの返信、チケットの電子メール通知

背景色とフォント スタイルを使用したセルと行のフォーマット化の詳細については、「レコードおよびフィールドをフォーマット化する(手動かつルールを使用)」を参照してください。

Shotgun は制限付きでテキストから HTML への変換もサポートします。

サポート対象のテキスト

基本フォーマット

タイプ 構文 説明
太字 *Bold* 次のようにレンダリングされます。
太字
斜体 _Italics_ 次のようにレンダリングされます。
斜体
Blockquote (インデント表示) Bq. Begin on this line, then resume on the next bq. トークンに続く最初の 2 つの改行の後のテキストは、すべてテキスト マークアップとして処理されます。
記号 (r) (tm) (c) 次のようにレンダリングされます。
® ™ ©

リンク

タイプ 構文 説明
Web ページへの簡単なリンク https://shotgunsoftware.com is a great site! 次のようにレンダリングされます。
https://shotgunsoftware.com is a great site!

一般的に以下をサポートしています。
  • HTTP と HTTPS (ポート番号の有無に関係なく)
  • FTP
  • DMX
  • GOPHER
相対リンク "This site's contact link":/contact  
表示テキスト付きリンク "Shotgun":http://www.shotgunsoftware.com/
"Local link relative to base url":/support/contact
 
電子メール リンク support@shotgunsoftware.com should be contacted 次のようにレンダリングされます。
support@shotgunsoftware.com should be contacted

コード フラグメント

タイプ 構文 説明
改行を 2 つ使用しないフラグメント bc.
# Begin this way...
if @reflect.options.has_key?(:polymorphic)
bc. トークンに続く最初の 2 つの改行の後のテキストは、すべてテキスト マークアップとして処理されます。
改行を 2 つ使用するフラグメント bc..
# Begin this way...
if @reflect.options.has_key?(:polymorphic)

     # then this...
     nil
else
     @reflect.klass
end
拡張した bc. トークンの後にテキストから html へのレンダリングを再開するには、bc. トークンをコードの最終行の直前に挿入し、その後に改行を 2 つ追加します。

画像

タイプ 構文 説明
一般的な構文 !image_url!  
相対的にリンクした画像(Shotgun にアップロード済み) !/file_serve/attachment/2! 画像の相対リンクが機能するようにするには、ファイルを扱うのにファイルへのパスではなく Shotgun に組み込まれた URL ルーティング(/file_serve/attachment/id)を使用するのが最適です。以下に例を示します。
/storage/production/files/000/0004/demo-file.png
URL でリンクした画像 !https://support.shotgunsoftware.com/hc/en-us/article_attachments/114094096954/11_play_media.png! インラインは次のようにレンダリングされます。

画像例

エスケープ マークアップ

タイプ 構文 説明
最初の改行までエスケープ notextile.
*this won't be bolded*

*this will be*
次のようにレンダリングされます。
*this won’t be bolded*

this will be

チケットと履歴を自動的にリンクする

チケット エンティティを使用している場合、次の構文を使用して参照されているチケットと履歴は、チケットの説明と返信内で自動的にリンクされます。また、[関連チケット](Related Tickets)と[関連リビジョン](Related Revisions)フィールドは、チケットの説明と返信にある参照情報を含むように更新されます。

構文 説明
Similar issue to #1234 but without the Javascript error. 次のようにレンダリングされます。
Similar issue to #1234 but without the Javascript error.
Something is up with r12345 that is breaking the dialog. 次のようにレンダリングされます。
Something is up with r12345 that is breaking the dialog.
フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。