Shotgun と Screening Room の既知の問題

Shotgun

  • Safari を使用する一部のクライアントが、Shotgun のツールチップが 2 つ重なって表示されると報告しました。 これは、Safari がツールチップ情報を管理する方法に原因があり、現時点で判明している解決策はありません。 ツールチップが重なることで問題がある場合は、Safari のツールチップの重複を手動で無効にすることができます(https://discussions.apple.com/thread/2644378 では、その方法がいくつか示されています)。

Screening Room とレビュー ツール

  • Shotgun 5.4 では、オーバーレイ プレイヤ、Screening Room、クライアント レビュー サイトのプレイヤが全面的に見直され、新しい UI とキーボード ショートカットが用意されました。 お使いの OS およびブラウザに応じて、UI には注意すべきいくつかの問題があります。
    • Safari ユーザの場合、新しいキーボード ショートカット([1] ~ [9])でズーム拡大することができますが、ズーム縮小([Alt]+[1] ~ [0])ホットキーは Safari でアクティブなタブを選択するために使用されています。 解決するには、http://support.apple.com/kb/PH13911 に従って、競合する Safari のホットキーを再マッピングするか、Chrome または Firefox に切り替えます。
    • 注釈ツールの設定は、スピナー値ボックスでクリックまたはスクロールを使用して調整できるようになりました。 Mac OSX を使用している場合、環境設定で設定したスクロール方法によっては、スクロール方向が想定と反対方向になることがあります。 スピナー値ボックスのスクロール方向が想定どおりに動作しない場合は、[システム環境設定] > [マウス] > [スクロールの方向]を[ナチュラル]に設定することで Mac OSX の設定を調整できます。
    • Firefox では、テキスト ボックスの外をクリックしないと、[Backspace]または[Return]キーでブラウザを前のページに戻すことができせん。 代替策として[Esc]キーまたはブラウザの[戻る]ボタンを使用して、オーバーレイ プレイヤをエスケープできます。
  • 一部の Chrome ブラウザでは、真っ黒なフレームが表示されたり再生が断続的になることがあります。 Chrome の再生に関するこれらの問題の解決方法として、Chrome で about:flags ページに移動し、Disable hardware-accelerated video decode 設定を有効にします。
  • WebKit の問題により、デュアル モニタ設定や Screening Room for RV には制限事項があります。 Screening Room for RV ペインは、プライマリ モニタ上でのみ更新されます。 キャンバス タイムラインなどの要素は、RV ウィンドウのサイズが変更されない限り、セカンダリ モニタで更新されません。
  • Firefox および Windows 7 を使用するユーザは、Screening Room Web Player でクリップ間をトランジションするときに、一時停止が発生することがあります。 これは、Windows 7 内でマルチスレッド化を処理する方法に問題があるためです。 この問題が Microsoft によって解決されるまでは、Chrome を使用することを推奨します。
  • RV バージョン 3.12.16 は、Screening Room で使用できません。 Qt 4.8.1 WebView (RV 3.12.16 で使用)には、RV で Shotgun Screening Room のレンダリングを中断するという JavaScript のバグがあります。 Screening Room ユーザは、最新の RV にアップグレードする必要があります。
  • Linux (CentOS 6.2) で Screening Room for RV のペインをデタッチすると、そのペインが完全に消えることがあります。 既定の状態に復元するには、RV の Screening Room メニューで Reset Panes をクリックします。
  • 一部の Linux ディストリビューションにおける Firefox の既定のビルドには、Screening Room アプリケーションとオーバーレイ プレイヤによって使用されるビデオ形式のサポートが含まれません。そのため、これらのプレイヤは、その環境で現在サポートされません。 Linux 管理者は、WebM ビデオのサポートが含まれるように、お使いの環境に合わせて Firefox をビルドできる可能性があります。そうすれば Screening Room が適切に動作するはずです。 Google Chrome がすべてのプラットフォームで最適なパフォーマンスを得るための推奨ブラウザです。
  • Maya の外部でレンダリングされた一部の JPG イメージは、イメージのメタ データの不一致が原因で誤ったアスペクト比でレンダリングされる可能性があります。 これにより、Screening Room Web Player でイメージが収縮して表示されます。 解決するには、Maya から書き出すときに、ピクセルのアスペクト比を設定していることを確認します。
フォローする