Toolkit Developer Overview

セットアップと環境設定

Toolkit アプリケーションとエンジン

同じパイプラインは 2 つとないため、Shotgun Pipeline Toolkit の構成のしやすさを追求するだけではなく、モジュール性も高めるようにしました。Shotgun Toolkit がサポートする各コンテンツ作成アプリケーションには、アプリケーションを管理するエンジンがあります。オートデスクのサポート サイト上ですべての統合の概要を確認することができます。


セットアップと環境設定

Toolkit プロジェクトの設定は、単なる出発点にすぎません。既定の設定が起動状態になったら、構成システムを実際に使用し、機能を試してみることをお勧めします。Toolkit は高度にモジュール化されているため、特定のパイプラインのニーズに合わせて調整できます。


Toolkit アプリケーションの開発

スタートアップ

Shotgun Toolkit プロジェクトには、既定のアプリケーションと統合のコレクションが付属しています。ただし、これはほんの基本にすぎません。Toolkit はまた、パイプライン ツールの開発、展開、再利用を簡素化するプラットフォームです。特定のニーズに応じて、独自のアプリケーションを構築できます。Toolkit のライブラリとフレームワークを基にツールを書くことで、既存のベースを活用し、時間と労力をツールの特定のビジネス ロジックに集中させることができます。


Toolkit の Core API

Toolkit の Core API は、すべての統合と機能を構築するためのプラットフォームです。Core API は、アプリケーション、エンジンおよびプラットフォームの基本、ファイル システムと配置の管理を処理します。


Shotgun ユーティリティ フレームワーク

Shotgun 関連のヘルパーとユーティリティのコレクションにより、アプリケーションの開発が容易になります。このフレームワークには Shotgun (MVC) モデルが含まれており、Shotgun クエリーを標準の QT ビュー、および設定管理、Shotgun のバックグラウンド処理、そしてスキーマ、ステータス、アイコンなどのグローバルのクラスと簡単に接続できます。


QT ウィジェット フレームワーク

Shotgun 関連の QT ウィジェットの大規模なコレクションによって、視覚的に優れたフロントエンドをアプリケーションに簡単に構築できます。このフレームワークには、複数のカスタム QT ビュー、デリゲート、およびウィジェットが含まれています。

フォローする