[計算](Calculated)フィールド

同じエンティティ(ショットやアセットなど)の他のフィールドから取得した値を使用してフィールドを計算できます。 [計算](Calculated)フィールドを使用すると、役に立つ情報をすばやく簡単に検索できます。

[計算](Calculated)フィールドを追加する方法は他のフィールド タイプを追加する場合と同じです。[使用可能なフィールド](Available Fields)セクションに、使用する特定のエンティティに対する使用可能なフィールドのリストが表示されます。サポートされるタイプの追加フィールドをページに追加すると、[計算](Calculated)フィールドの[利用可能なフィールド](Available Fields)リストにそのフィールドが表示されます。

次に示すように、計算式では[使用可能な関数](Available Functions)に記載されるフォーマットを使用してください。

[計算](Calculated)フィールド

計算式を入力し、出力フォーマットとして[浮動小数点数](Float)または[文字列](Text)のどちらを使用するかを選択します。[浮動小数点数](Float)を選択した場合は、[表示形式](Display Format)も選択できます。これはこの特定のフィールドにおける既定の浮動小数点数フォーマットをオーバーライドします。

注: 現在、[計算](Calculated)フィールドがサポートする関数は基本的な算術演算と文字列のみです。 エラーがある場合は、エラーが発生したセルの色が赤に変わります。赤色のセルの上にカーソルを合わせると、ツールチップにエラーの説明が表示されます。

計算されたすべてのフィールドは「ライブ」になります。これは、フィールド内のどの入力を更新しても、それらの変更が直ちに表示されることを意味します。

フィールドの設定が完了したら、フィールドのソート機能とグループ化、または要約を設定できます。

また、計算フィールドにグラフを作成することもできます。グラフでは、計算フィールドのグループ化や要約を設定できるため、いくつかの強力なグラフ機能を利用できます。

計算フィールドのグラフ

計算の例

計算フィールドを使用した式の例をいくつか示します。

フィールド名 出力フォーマット
カットの長さ {sg_cut_out} - {sg_cut_in} + 1 浮動小数点数(10)
カットの概要 CONCAT({sg_head_in}, " [", {sg_cut_in}, " - ", {sg_cut_out}, "] ", {sg_tail_out}) 文字列
投影されたショットのコスト {sg_shot_bid} * {sg_shot_cost} 浮動小数点数
ショットのリファレンス CONCAT("A_", {code}) 文字列

さらに、計算フィールドに関する詳細については、「Python API」でもご覧になれます。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。