[計算](Calculated)フィールド

計算フィールドは現在、制限付きのプライベート ベータ版でのみ使用できます。ベータ テストに参加してフィードバックの送信にご協力いただける場合は、ziah.fogel@autodesk.com にお問い合わせください。

同じエンティティ(タスクやショットなど)の他のフィールドから取得した値を使用してフィールドを計算できます。[計算](Calculated)フィールドを使用すると、役に立つ情報をすばやく簡単に検索できます。

[計算](Calculated)フィールドを追加する方法は他のフィールド タイプを追加する場合と同じです。使用している特定のエンティティで利用可能なフィールドのリストが表示されます。たとえば、[ショット](Shots)ページにはショット コードなどの利用可能なフィールドが表示されます。[ショット](Shots)ページにフィールドを追加すると、[計算](Calculated)フィールドの[利用可能なフィールド](Available Fields)リストにそのフィールドが表示されます。

以下のように、計算式では[コード](Code)に記載されたフォーマットを使用してください。

[計算](Calculated)フィールドの例

現在、[計算](Calculated)フィールドがサポートする関数は基本的な算術演算と文字列のみです。エラーがある場合は、フィールドに「null」が表示されます。

計算の例

次に、設定可能な[計算](Calculated)フィールドの例を示します。

算術演算

  • ショット ビッドにショット コストを乗算(通貨単位)
    • 式:{sg_shot_bid}*{sg_shot_cost}
  • モーション キャプチャ テイクのフレーム アウト - フレーム イン(フレーム単位)
  • 秒数(24 FPS) = カットの長さ/24
  • ショットの合計時間によって除算されたショット カットの長さ(フレーム単位)
  • 予算原価 = 予算総額(通貨フィールド) + 予算リベート(通貨フィールド)
  • 変位の長さ = ビッドの長さ(数値フィールド) - カットの長さ(カット フィールド)
  • スキャンの長さ = スキャン終了(数値フィールド) - スキャン開始(数値フィールド) + 1
  • 作業の長さ = 作業終了(数値フィールド) - 作業開始(数値フィールド) + 1
  • カットの長さ = カット(アウト)(数値フィールド) - カット(イン)(数値フィールド) + 1
  • タスクの完了率 = (期間 - 残り日数)/期間(残り日数は数値フィールド)

文字列処理の計算

  • ショットのリファレンス
    • 式: CONCAT("A_", {code})
フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。