カスタム エンティティを有効にする

ビデオのトランスクリプト

Shotgun に既定では存在しなかった新しい要素をトラックする必要がある場合には、カスタム エンティティを有効にします。たとえば、テレビ シリーズのシーズンをトラックする場合があります。

Seasons エンティティ

カスタム エンティティを有効にするには、まず、[管理者](Admin)メニューから[サイト基本設定](Site Preferences)に移動します。

サイト基本設定(Site Preferences)

[エンティティ](Entities)セクションを展開し、有効化されていないエンティティを選択します。使用可能なエンティティはライト グレーで表示されます。

[はい、カスタム エンティティを使用](Yes, use custom entity)を選択して有効にし、"Seasons" などの新しい名前を付けます。

次に、そのエンティティにタスク、バージョン、または Pipeline Toolkit/ファイルのパブリッシュを設定する必要があるかどうかを決定します。変更を保存すると完了です。

注: タスクを有効にすることを選択した場合、新しい基本設定が保存されると、2 つのことが発生します。新しく設定されたエンティティ タイプにタスクをリンクできるようになり、タスク テンプレートの使用がサポートされるようになります。

カスタム エンティティの有効化

[プロジェクト](Projects) > [その他](Other)の下に Seasons が表示されるようになりました。また、必要に応じて、プロジェクト ナビゲーション バーに追加することができます。

プロジェクト ナビゲーション バー

新しいカスタム エンティティをリンクする方法については、ビデオ「カスタム エンティティをリンクする」のパート 2 を参照してください。

カスタム エンティティを使用して接続エンティティを作成する

カスタム エンティティを使用して接続エンティティを作成するには、次の手順を実行します。

  1. カスタム エンティティを有効にします。ここでは、カスタム エンティティの例として「Outstanding Items (未完成の項目)」を作成します。
    01_custom_entity.ja.png
  2. 新しいレコードとその情報を追加します。
    02_new_record.ja.png
  3. 別のエンティティとリンクするカスタム エンティティでマルチエンティティ フィールドを作成します。たとえば、どのショットでどの項目が未完成であるかをトラックするために Outstanding Items とショットをリンクするには、リンクするエンティティのリストから[ショット](Shot)を選択します。すると Outstanding Items ページに新しい[ショット](Shots)フィールドが表示され、[ショット](Shots)ページに新しい Outstanding Items Shots フィールドが表示されます。
    03_multi_entity_field.ja.png
  4. カスタム エンティティの詳細ページを設計します。リンク先のエンティティにタブを追加し、完了時には忘れずに保存してください。
    04_new_tab.ja.png
  5. [列の表示設定](Configure Columns) をクリックし、フィールド名を検索する接続の名前にカーソルを合わせます。
    05_field_name.ja.png
  6. [サイト基本設定](Site Preferences) > [詳細設定](Advanced)で、[接続エンティティ タイプのリスト ページを有効にする](Enable List Pages for Connection Entity Types)にこの接続エンティティ タイプを追加します。エンティティとフィールドの名前を使用します。
    • 接続
    • 例: CustomEntity05_sg_shots_Connection
      06_connection_entity_type.ja.png
    • 変更を忘れずに保存します。
  7. これで、新しいカスタム接続エンティティのページを表示およびアクセスできるようになりました。
    07_new_page.ja.png

接続エンティティの詳細については、「接続エンティティを使用する」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
フォローする