Shotgun で再作業をトラックする

後続のパイプラインの要求を受けて、完了したタスクを改訂する必要がある場合、「再作業」、「見直し」、または「返却」が発生します。通常、再作業はショットのレビュー後に発生し、複数の部門に影響します。関連するパイプラインのメンバーと項目の数に応じて、このトラッキングは難しくなる場合があります。次に、Shotgun でのトラッキングのベスト プラクティスをいくつか紹介します。

オプション 1: ノートとタスクを使用する

ノート付きの再作業のトラッキングは、Shotgun のレビュー ツールから直接実行できるため最も便利です。ノートを作成すると、通知する必要のあるメンバーまたはグループに送信できます。ブラウザを使用している場合は、トラッキングの精度を向上するためにノートのステータスとタイプも使用できます。

次に、アニメーションの見直しが必要なショット HSM_SATL_0015 を使用した場合の例を段階的に説明します。

  1. Animation グループを作成して、そのグループにノートを送信します。
    アニメーション グループのノート
    ノート
    To/CC に加えて @/メンションを使用するには、「SG Review for RV」を参照してください。
  2. 問題を説明したノートを作成し、「再作業」ステータスを指定します。
  3. ステータスを変更して影響を受けるタスクを更新し、パイプラインの進行状況に合わせてタスクをトラックします。
    再作業のステータス
  4. Animation グループは、新しいタスクを作成して問題の修正に適したユーザにタスクを割り当てたり、ステータスを「再作業」に更新して既存の Animation タスクを再使用したりします。該当のユーザが「再作業」タスクを完了すると、Animation グループはすぐに再作業ノートに返信して解決し、次の Lighting と Comp のグループに渡します。
    再作業タスク
  5. 最後に、修正後のアニメーションに合わせてライティングを更新したら、Lighting と Comp のタスクは完了です。
    作業中のステータス 完了ステータス

オプション 2: タスクを作成して個人またはグループに割り当てる

このケースでは、「再作業」ノートを回避して代わりにタスクを直接作成します。タスクの説明フィールドを作成し、必要な作業の説明を記載します。

タスクの作成
説明
タスクの完了 

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。