レビュー ワークフロー

ビデオのトランスクリプト

ここでは、Shotgun のクラウドベースのレビュー プロセスについて説明します。 Ken という名前のアーティストと Johnny という名前のスーパーバイザがいるとします。

彼らは互いに離れた場所にいますが、同じプロジェクトで一緒に作業しています。

アーティストの Ken がブラウザから Shotgun にログインします。 スーパーバイザのレビュー用に新しいバージョンを送信するとします。

Ken はメディア アプリケーションにアクセスして、Shotgun に新しいバージョンをドラッグ アンド ドロップします。 そして、説明を追加し、Create Version をクリックします。 Shotgun はクラウドベースの QuickTime ファイルを自動的にアップロードし、スーパーバイザの Johnny にレビュー用の新しいバージョンが届いたことを通知します。 

バージョンを作成

Johnny もブラウザから Shotgun にログインします。 レビュー用に送信されたすべてのバージョンが表示されます。 「Unviewed」などのフィルタを使用すると、まだレビューしていないバージョンのみを表示できます。

未レビューのプレイリスト

サムネイルをクリックすると、QuickTime ファイルを再生およびレビューできます。 新しい Shotgun 7 の編集ワークフローを使用すると、編集画面でバージョンをレビューすることもできます。 

アーティストとやり取りする場合は、注釈とノートを使用し、変更が必要なフレームに対して直接描画できます。 ここで Johnny は、説明を追加してこのフレームを送信できます。

フレームの注釈

これはすべて Shotgun 内で追跡されているため、iPhone からでも確認することができます。 

もう一度アーティストである Ken を見てみましょう。 受信トレイに、スーパーバイザの Johnny からの通知が届いています。 この通知をクリックすると、必要な作業の情報が分かりやすく簡潔に表示されます。 注釈ノート付きのサムネイルもメッセージの一部です。

受信トレイのフィードバック

それではスーパーバイザの Johnny に戻りましょう。 クライアントのフィードバックを得るために、これからいくつかのバージョンをクライアントに送信します。 Shotgun 内で Johnny はプレイリストを作成できます。 バージョンをドラッグ アンド ドロップするだけで、クライアントと共有できます。

クライアント レビュー プレイリスト

次に、Client Review Siteで、Johnny は各クリップにノートを追加し、受信対象者の電子メールを入力することでプレイリストを共有できます。 

Client Review Site

Send をクリックすると、電子メールが送信されます。

そして、クライアントはリンクが記載された電子メールを受信します。このリンクで、ブラウザまたはモバイル デバイスからでもバージョンを表示できます。 クライアントがフィードバックを追加する場合は、コメントを入力して返信をクリックするだけで完了します。

クライアント フィードバック

すべてのものは Shotgun 内で追跡されています。 情報が失われることはありません。 すべてのユーザがつながっています。

フォローする

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。