フィールドについて

フィールド

Shotgun はフィールドを使用してエンティティに関する情報を格納します。すべてのエンティティは、組み込みのフィールドをいくつか持っていますが、情報を格納する適切なフィールドがない場合は独自のフィールドを作成することもできます。[id]、[Project]、[Status]、[Thumbnail]など、一部のフィールドは Shotgun のほとんどのエンティティに共通です。その他のフィールドは、よりエンティティに特化した機能にカスタマイズされています(ショットの編集情報を格納するのに使用される[Cut In]フィールド、[Cut Out]フィールドなど)。Shotgun で使用できるさまざまなフィールドの種類の詳細についてはこちらをご覧ください(英語)。

ページにフィールドを表示

リスト ページのコラムとしてフィールドを追加するには、コラム追加ボタン ボタン(コラム ヘッダの右側にありますが、見えない場合は横にスクロールしてください)をクリックし、リストからフィールドを選択します。また、コラム ヘッダを右クリックし、[Insert Column] を選択して追加することもできます。

詳細ページでは、上部セクションの[More fields...]をクリックしてその他のフィールドを挿入できます。

More fields...

サムネイル ページでは、ツールバーの [Fields]ボタン ボタンをクリックし、各サムネイルの下に他のフィールドを追加できます。

役立つヒント

次に読み込んだときにも追加したフィールドをページに保持したい場合には、フィールドの追加後に [Save Page] をクリックするのを忘れないでください。

 

フィールドの作成

リスト ビューのページでは、新しいフィールドの作成は、ページにフィールドを表示する際に使用するメニューから行えます。[Insert Column]メニューの上部から、[Add New Field To Shot] (または Asset、Version、その他の表示中のエンティティ タイプ)を選択します。フィールドを追加する場合は、慎重に行ってください。そのフィールドがすべてのプロジェクトに適用できるか確認することをお勧めします。

 

基本フィールド

一部の基本フィールドのタイプは、ほとんどカスタマイズが必要なく、単に名前を付けて作成するだけです。このフィールド タイプには、[Checkbox]、[Currency]、[Date]、[Date and Time]、[Duration]、[Float]、[Footage]、[Number]、[Percent]、[Text]、[Timecode]などがあります。必要に応じて、既定値の[Summary]タイプを設定したり、[Sort By]オプションを使用して、このフィールドのソートを別のフィールドで指定した順序に従わせることができます。

注: これらのフィールド タイプの一部([Currency]、[Date]、[Duration]など)のフォーマット オプションは、[Site Preferences]にあります。

 

基本フィールドの作成

 

[List]フィールド

[List]フィールドでは、そのフィールドに入力できる選択肢として、ドロップダウンに表示するオプションのセットを定義できます。リストに表示したいオプションを、表示したい順序で入力します。

[List]フィールド

 

[Status List]フィールド

ステータスは、追跡するほとんどすべてのエンティティにとって非常に重要な情報であるため、Shotgun には[Status]フィールドに関連した特殊な機能が組み込まれています。[Status]フィールドのオプションは完全にカスタマイズできます。表示名、ショート コード、順序、アイコン、背景カラーのすべてが設定可能です。自身のワークフローに適した、組み込みのステータス オプションが見つからない場合は、[Add New Status] をクリックして自分でオプションを作成することができます。

[Status]フィールド

[Go To Status List Page] を選択すると、ステータス オプションのリストを管理できるページにジャンプします。このページでも、ステータスを編集したり、新しいステータスを追加することができます。

[Status List]ページ

 

リンク フィールド([Entity]と[Multi-Entity])

リンク フィールドを作成して、2 つのエンティティ間に関係を作成することができます。

リンク フィールド

[Entity]リンク フィールドでは、1 つのエンティティから他の 1 つのエンティティにリンクを作成できます。たとえば、すべてのショットに担当のライティング リードが 1 人いる場合、各ショットにそれぞれのショットのライティング リードのユーザ レコードに接続する[Entity]リンク フィールドを作成します。フィールドへの入力を開始すると、システム内の既存のユーザに一致するオートコンプリートの選択肢が表示されます。

[Multi-Entity]リンクは、2 つのエンティティ間に双方向の、多対多の接続を作成します。このようなフィールドの組み込みの例は、ショット エンティティの[Assets]フィールドです。1 つのショットに任意の数のアセットをリンクすることができます。そしてアセット エンティティを見ると、同じリンクから自動的に入力される[Shots]フィールドがあります。

独自の[Multi-Entity]リンク フィールドをあるエンティティに作成する場合、Shotgun はリンクされたエンティティに自動的にミラーイメージ フィールドを作成します。たとえば、アセットを「Asset Groups」という名前のカスタム エンティティにリンクしたいとしましょう。アセットに Asset Groups にリンクする[Multi-Entity]フィールドを作成します(分かりやすくするためにフィールド名は「Asset Groups」としました)。そして Asset Groups エンティティを見ると、「Assets <-> Asset Groups」といった名前の新しいフィールドが表示されます。

これで、たとえば「House」という名前のアセットに移動して「Asset Group」フィールドにアセット グループ「Neighborhood」を入力すると、「Neighborhood」アセット グループを表示したときに、「Assets <-> Asset Groups」フィールドには「House」と表示されます。

 

[File/Link]フィールド

これは、Shotgun 外の項目にリンクする、別のタイプのリンク フィールドです。これには、添付として Shotgun にアップロードした外部ファイル、もしくは Web リンク、ローカルのネットワークまたはファイル システムのファイルやディレクトリへのリンクなどがあります。Shotgun でのファイルの処理の詳細についてはこちらをご覧ください(英語)。

[File/Link]フィールド

注: ローカル ファイルへのリンクを使用するには、[Site Preferences]ページの[File Management]セクションに移動し、ファイル リンクをアクティブにしてローカル パスを設定する必要があります。

 

[Query]フィールド

Shotgun では、クエリに基づいて重要な情報を要約するフィールドを作成できます。

[Query]フィールド

[Query]フィールドの構築は、フィルタの作成に似ています。上の図で設定されている[Query]フィールドは、ステータスが「Approved」のショットにリンクされた最新のバージョンを表示します。[Query]フィールドについてもう少し詳しく説明したビデオ(英語)はこちらからご覧ください

注: [Query]フィールドはソート、グループ化、フィルタリングすることができません。

 

[Thumbnail]フィールド

[Thumbnail]フィールドは、レコードのプレビューを表示する機能を提供し、より視覚的な Shotgun エクスペリエンスを実現します。[Thumbnail]フィールドには次の 2 つのモードがあります。

  • Manual Thumbnail Upload: サムネイルを自身でアップロードしたい場合はこのオプションを使用します。レコードにリンクされたバージョンがある場合には、最新のバージョンを再生できる再生ボタンが表示されます。

  • Thumbnail Based on Query: このオプションを使用すると、自分で定義したクエリに基づいてサムネイルが自動的に表示されるため、手動でサムネイルを最新に維持する必要がありません。クエリに一致する最初のバージョンが表示されます。(権限に関する管理者向けの注意事項: スマート サムネイルはバージョンに基づいているため、ユーザがスマート サムネイルを参照したり使用したりするためには、バージョンを見るための権限が必要になります。これは既定値でオンになっていますが、設定を調整する必要がある場合は、[Permissions] -> [Permission Group] -> [Entity Permissions] -> [Versions] -> [See]チェックボックスで編集できます。)

[Thumbnail]フィールドは、既定値ですべてのエンティティに含まれており、UI または API を通じてユーザが作成することはできません。

 

[URL Template]フィールド

Web リンクを含むフィールドを作成できます。URL にフィールドの内容を挿入するトークンも使用できます。

[URL Template]フィールド

これは、Shotgun をイントラネットのドキュメント サイトまたは何らかの Web ベースのパイプライン スクリプトに統合しているスタジオに非常に便利です。たとえば、「Character Bible Link」というフィールドがある場合、[Asset Code]フィールドの内容と結合したイントラネット サイトへのリンクを入力することができます。

より基本的な例として、アセット名に基づいて google 画像検索を開始するフィールドをセットアップすることもできます。

http://google.com/search?q={code}&tbm=isch

トークン{code}は、ページに表示される各アセットの[Asset Code]フィールドに置き換えられます。このため、検索はアセットごとに一意になります。

プロジェクトからフィールドを隠す

プロジェクトにどのフィールドを表示させるかは、[Manage Fields]メニューから、あるいはプロジェクトの[Tracking Settings](英語)に移動して、表示/非表示を切り替えることで選択できます。

hidden_field.jpg


進行管理の項目

  1. 進行管理の概要
  2. サイト
  3. ユーザ(スタッフ)
  4. プロジェクト
  5. エンティティの追跡、作成、インポート
  6. フィールドについて
  7. ソート、グループ化、フィルタリング

進行管理のナレッジ ベース(英語)

<< Shotgun ユーザ ガイドに戻る

 

Big Buck Bunny media courtesy of © Blender Foundation | www.blender.org

Follow

0 Comments

Please sign in to leave a comment.