Shotgun スタート アップ ガイド

パイプライン プラットフォームおよびプロジェクトの進行管理システムとして Shotgun をご採用いただきありがとうございます。Shotgun には非常に幅広い機能と設定オプションが用意されているので、アニメーション、ビジュアル エフェクト、テレビおよびコマーシャルの制作、ゲームおよびソフトウェア開発をはじめとする、さまざまな業界で便利にお使いいただけます。しかし、このように柔軟性に優れているために、最初のセットアップ時にどこから手を付けたらいいか少し分かりにくい場合があります。そこで、ここでは推奨する作業の流れをご紹介します。ユーザ ガイドを利用しながら、初歩の段階を順を追ってご説明していきます。

このガイドは、管理者権限を持つユーザであることを前提としていますが、Shotgun サイトにサインアップしたのであれば既定で管理者権限を有しているはずです。管理者権限がない場合は、適切な権限を付与するよう管理者に依頼してください。

 

0. 無料の FXPHD ビデオ トレーニング コースをぜひご覧ください!

1. プロジェクトを作成して、[Project Overview]ページを設定します。

[Project Overview]ページ

2. スタッフを追加して、権限を設定します。

3. Project Timeline (プロジェクト タイムライン)と Crew Planning (クルー プランニング)アプリでプロジェクトの計画を立てます。

Crew Planning

4. プロジェクトの追跡する項目を作成します(ショット、アセット、レベルなど)。

5. フィールドを使用して追跡する項目同士を紐付けます(たとえば、アセットをそれが登場するショットやレベルに紐付けます)。

6. 追跡する項目のタスクを作成します(タスク テンプレートを使用してみましょう)。

7. ガント チャートを使用してタスクの割り当てとスケジューリングを行います。

8. Pipeline Toolkit を使用して Shotgun をお使いのツールと統合します(これは少し技術的な作業なのでスキップしてもかまいません)

9. バージョンを提出し、Screening Room アプリや Review Notes アプリを使ってレビューを行います。

レビュー

 

これらの手順に従えば、プロジェクトはうまく進むはずです。この時点でユーザ ガイドの残りの項目にも目を通して、スタジオで働くすべてのスタッフの作業をやりやすくする Shotgun のツール、機能、効率化の詳細を確認することをお勧めします。何かご質問があれば、いつでも Shotgun のサポート チームにご相談ください。

 

Shotgun ユーザ ガイド

 

Big Buck Bunny media courtesy of © Blender Foundation | www.blender.org

Follow

0 Comments

Please sign in to leave a comment.