レビュー アプリ: オーバーレイ プレイヤーと Screening Room

最終更新日: 2014 年 12 月 3 日

 

Shotgun は、複数の組み込みのレビュー ツールを備えていますが、これらはすべてオーバーレイ プレイヤーと Screening Room を基盤としています。オーバーレイ プレイヤーでは、アップロードされたメディアの表示、ノートやアノテーション ツールによるフィードバックの提供、他の関連メディアの参照を簡単に行うことができます。Screening Room では、堅牢なナビゲーションと、周辺のメディアのコンテキスト内で作業結果を参照できる機能によって、より高度なレビューが実現します。この 2 つを簡単に見ていきましょう。

オーバーレイ プレイヤー

overlay_player_5_4.jpg

 

Shotgun では、プレイヤー アイコンが付いたサムネイルが表示されているあらゆる場所から、オーバーレイ プレイヤーにアクセスできます。再生可能なサムネイルをダブルクリックすると、オーバーレイ プレイヤーが起動し、詳細ペインの右側にバージョン情報が表示されます。

 

タイムライン ツールバー

timeline_toolbar_5_4.jpg

タイムライン ツールバーには、メディアの操作に必要なすべてのものが含まれています。

    • 再生/一時停止コントロール
    • フレーム カウンタ
    • アノテーション ツールバー切り替えボタン
    • ズーム ツール
    • パン ツール
    • オーディオ コントロール
    • フルスクリーン切り替えボタン
    • アクション メニュー
    • 設定

 

アノテーション ツールバー

annotation_toolbar.jpg

Shotgun のアノテーション ツールを使用すると、フレームにマークアップを行って、分かりやすいフィードバックをアーティストに提供できます。各ツールには、ブラシ サイズ、ストローク、塗りつぶし、不透明度などのオプションがあります。また、修正に使用できる消しゴム ツールもあります。フレーム上に描くと、そのフレームおよびマークアップした他のフレームが、自動的にノートに紐付き、サムネイルを通じて表示されます。選択すると、静止画ビューア(英語)でサムネイルが表示されます。

アノテーション ツールバーのオン/オフをすばやく切り替えるには、キーボードの[A]キーを押します。

 

ズーム ツール

ズーム ツールでは、メディアの細部に焦点を合わせることができるため、最高品質の作品を仕上げることができます。有効にするには、アイコンをクリックするか、[Z]キーを押します。クリック/[Shift]+クリックすると、1 レベルずつズームイン/ズームアウトし、クリックしたまま左/右にドラッグすると、すばやくズームイン/ズームアウトできます。リセットしてメディアを画面の大きさに合わせるには、[R]キーまたは[F]キーを押します。また、パワー ユーザ向けにその他のキーボード ショートカットも用意されています。これらのショートカットをチェックするには[/]キーまたは[?]キーを押します。

キーボード ショートカットを使用すれば、タイムライン ツールバーで選択されている項目にかかわらず、ズーム ツールをすばやく有効化できます。OSX では、[Command]キーを押したまま左右にドラッグします。

 

パン ツール

パン ツールでは、メディアをプレイヤー ウィンドウ内で自由に移動できます。これは、特にバージョンを大きくズームインしたときに便利です。クリックしたままドラッグするだけでキャンバスを移動できます。

キーボード ショートカットを使用すれば、タイムライン ツールバーで選択されている項目にかかわらず、パン ツールをすばやく有効化できます。OSX では、[Option]キーを押したままカーソルをドラッグします。

 

アクション メニュー

アクション メニューでは、Screen Room または Screening Room for RV でメディアをすばやく開くことができます。また、アップロードされているソース ファイルをダウンロードするオプションも提供します。

 

設定

設定メニューでは、既定値のロード設定、キャッシュ オプション、キーボード ショートカットの早見表を変更できます。

 

詳細ペイン

details_pane_5_4.jpg バージョンを再生すると、プレイヤー ウィンドウの右の詳細ペインに、そのバージョンに関する情報が表示されます。上の部分には、メディアについて知りたいすべての情報が表示されます。ここに表示される情報は、レビューのニーズに応じてカスタマイズすることができます。ノート パネル をクリックするとノート パネルが開き、バージョンにフィードバックを追加できます。追加されたフィードバックは Shotgun によって、このバージョンを提出したアーティストに送り返されます。関連バージョン パネル をクリックすると、関連バージョン パネルが開きます。これにより、同じショットまたはアセットに対して提出された前のバージョンをロードして比較することができます。

 

キーボード ショートカット

Shotgun のレビュー ツールには、レビューをスピードアップさせるキーボード ショートカットが多数組み込まれています。キーボード ショートカットの早見表は、設定メニューから、もしくは[/]キーまたは[?]キーを押すことで表示できます。

 

Screening Room

screening_room_web_5_4.jpg

Shotgun のレビュー用ツールセットのもう 1 つの部分は Screening Room です。Screening Room はオーバーレイ プレイヤーを基盤とし、ブラウズ機能とコンテキストに応じた再生機能が加えられています。Screening Room には 2 つの種類があります。1 つは Screening Room Web アプリで、Shotgun にアップロードされているメディアをブラウザから再生してレビューできます。もう 1 つは Screening Room for RV(英語) で、ローカル ネットワーク上にある高解像度のソース ファイルを再生してレビューできます。

 

Screening Room の起動

オーバーレイ プレイヤー内で action_icon_5_4.jpg アイコンをクリックし、[View in Screening Room]を選択します。

グローバル ナビゲーション バーの [Apps]メニュー メニューから、Screening Room Web アプリ を選択して Web アプリを起動します。

Screening Room の RV 統合をセットアップしてある場合、RV インタフェースの Screening Room for RV メニューから起動できます。

 

バージョンの作成

まだ再生するバージョンがない場合には、ツールバーの 新規バージョン ボタンをクリックします。バージョン作成の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

トランスコーディング

Shotgun の自動トランスコーディングの仕組みや、これを自分でセットアップする方法の詳細については、ナレッジ ベースのトランスコーディングの記事(英語)をご覧ください。

 

ナビゲーション

column_browser.png

コラム ブラウザ(Column Browser)は、Screening Room での主なナビゲーション方法です。

初めて Screening Room を開くと、コラム ブラウザの最上位レベルであるホーム レベルが表示されます。次に Screening Room を開くと、前回使用時のナビゲーションでの最後の位置が記憶されており、そこから開始されます。

    • 矢印 の付いたタブをクリックすると、ナビゲーションの他のレベルにアクセスできます。矢印のないタブは、タイムラインにバージョンをロードします。
    • お気に入りタブ をクリックすると、タブがお気に入りに追加されます。お気に入りをブラウズ をクリックするとお気に入りのタブが表示され、選択できます。

 

役立つヒント

ナビゲーション バーの任意のレベルをクリックして異なるパスを選択する、という方法でナビゲートすることもできます。

ナビゲーション バー

 

 

All Projects プロジェクトを選択 プロジェクト ツリー

[All Projects]バーでは、Shotgun ナビゲーションの構造を表すプロジェクト ツリーを参照することができます。プロジェクトを選択した後、[Sequences]/[Shots]、[Assets]、[Playlists]、[Version Pages]から選択します。

 

All Versions

[All Versions]タブには、ナビゲーションの各レベルで使用できるすべてのバージョンが表示されます。コラム ブラウザの最上位レベルでは、Shotgun サーバ全体で使用できるすべてのバージョンが表示されます。プロジェクトにナビゲートすると、[All Versions]タブには、そのプロジェクトのすべてのバージョンが表示されます。個々のシーケンス、ショット、アセットに関連付けられた[All Versions]タブも同様です。

 

Global Version Pages Global Version Pages

[Global Version Pages]タブは、より一般的に使用される、プロジェクト内の[Version Pages]タブと同じように機能します。唯一の違いは、[Global Version Pages]は単一のプロジェクト固有ではなく、複数の異なるプロジェクトのバージョンを含むことができる点です。Shotgun でグローバル バージョン ページを保存すると、すぐに Screening Room でアクセスできるようになります。

 

役立つヒント

必要なバージョンをすばやく見つけるには、すべてのバージョンをロードし、フィルタ パネルを使用して、再生する必要があるバージョンに結果を絞り込みます。たとえば、特定の部門や、特定のシーケンス タイプまたはアセット タイプでフィルタリングします。これは、ショットやアセット以外のエンティティを追跡するユーザにも有効です。

 

検索とフィルタリング

検索バーにキーワードを入力すると、1 つまたは複数の特定のバージョンを探すことができます。

ツールバーの右側にある フィルタ パネル アイコンをクリックしてフィルタ パネルを開きます。フィルタ パネルは、Shotgun でページに表示されるバージョンを絞り込むときと同じように使用します。

フィルタ パネル

 

複数バージョンの再生

タイムライン ブラウザ

タイムライン ブラウザは、再生したいバージョンを選択して起動する場所です。右クリックして[Play Selected]または[Play All in Timeline]を選択します。複数のバージョンを選択して、連続で再生することもできます。

ビュー

これらのボタンを使用するとビューを選択できます。タイムライン ビュー(Timeline View)では、シーケンスが、ソート メニューを使用して選択する順番で直線的に表示されます。ギャラリー ビュー(Gallery View)では、ソート可能な垂直スクロールのレイアウトで表示されます。カット ビュー(Cut View)はタイムライン ビューと似ていますが、バージョンが自動的に、カットに現れる順序で表示されます(各バージョンに紐付いたショットの[Cut Order]フィールドに基づきます)。

ソート をクリックすると、タイムラインでのバージョンのソート方法を設定できます。

既定値では、タイムライン ビューおよびカット ビューには、各ショットまたはアセット用の直近に作成されたバージョンだけが表示されます。ショットのレビューの場合は、履歴モード をクリックして履歴モードをオンにし、タイムラインに以前のバージョンも表示できます。以前のバージョンをダブルクリックして再生したり、右クリックして[Move Selected to Timeline]を選択し、別のカットをアセンブルできます。そして[Play All in Timeline]をクリックすると、アセンブルしたカットを見ることができます。

カット アセンブリ

青いバーの間のバージョンは、カット内で再生されるアクティブなバージョンです。

 

再生リスト

Shotgun で作成された再生リストは、コラム ブラウザでプロジェクト内の[Playlists]タブを選択することで、Screening Room にロードできます。検索バーで再生リストの名前を入力して、特定の再生リストにジャンプすることもできます。

再生リストの作成

Shotgun のバージョン ページから再生リストを作成するには、1 つまたは複数のバージョンを選択し、右クリックして[Add to New Playlist]を選択します。再生リストに名前を付け、その他の必要なフィールドに入力したら、[Create Playlist]をクリックします。

また Screening Room 内からも再生リストの作成や編集が行えます。バージョンを選択して右クリックし、再生リスト関連のオプションのいずれかを選択します。新規再生リストの作成、既存の再生リストへの追加、再生リストからのバージョンの削除を、すべて右クリック メニューから行うことができます。

Screening Room の再生リスト

 

ダイレクト URL で特定のバージョンにアクセスする

クライアントやディレクターに、バージョン、再生リスト、アセット、シーケンス、ショット、バージョン ページを Screening Room で直接開くためのリンクを送信する必要がある場合は、以下のフォーマットを使用します。

https:// mycompany .shotgunstudio.com /page/review_app_webview?entity_type=Version&entity_id= 10

https:// mycompany .shotgunstudio.com /page/review_app_webview?entity_type=Playlist&entity_id= 10

https:// mycompany .shotgunstudio.com /page/review_app_webview?entity_type=Asset&entity_id= 10

https:// mycompany .shotgunstudio.com /page/review_app_webview?entity_type=Sequence&entity_id= 10

https:// mycompany.shotgunstudio.com /page/review_app_webview?entity_type=Shot&entity_id= 10

https:// mycompany.shotgunstudio.com /page/review_app_webview?entity_type=Page&entity_id= 10

mycompany .shotgunstudio.com をご自分の Shotgun URL に置き換え、「entity_id=」の後にエンティティ ID を追加します(上記の例では、エンティティ ID は10になっています)。

バージョン ページ

再生リストと同じように、Shotgun に保存されたバージョン ページは、プロジェクトの[Version Pages]タブ(またはホーム レベルの[Global Version Pages]タブ、上記を参照)を介して Screening Room で表示できます。これらのページは「スマート」再生リストのように機能し、Shotgun から、ページに保存されたフィルタに一致するバージョンを動的にロードします。したがって、ステータスが「Pending Review」のすべてのバージョンや、アニメーション部門のアーティストが先週提出したバージョンなどを表示するバージョン ページが得られます。Shotgun でのページのフィルタリングの詳細についてはこちらをご覧ください。

 

役立つヒント

Screening Room では、「b」(Browser / Timeline を表す)または「d」(Details を表す)と入力することで、ペインをすばやく隠したり表示したりできます。

 

 


レビュー & 承認の項目

  1. レビュー & 承認の概要
  2. 作業結果の提出
  3. レビューのセットアップ
  4. Shotgun のレビュー ツール:
    1. オーバーレイ プレイヤーと Screening Room
    2. Review Notes アプリ 
    3. Client Review Site(英語)
    4. Shotgun Review (iPhone 向け)

レビュー & 承認のナレッジ ベース(英語)

<< Shotgun ユーザ ガイドに戻る

 

Big Buck Bunny media courtesy of © Blender Foundation | www.blender.org

Follow

0 Comments

Please sign in to leave a comment.